堂上を支配下登録 巨人原監督の狙いは大物2人への“刺激剤”

公開日:  更新日:

 巨人の堂上剛裕(29)が23日、支配下登録され、沖縄・那覇市内のホテルで会見を行った。

 昨オフに中日から戦力外通告を受け、育成選手として巨人入り。春季キャンプは一軍で、紅白戦、練習試合、オープン戦の実戦7試合で24打数10安打、打率.417、1本塁打、9打点と打ちまくった。年俸は600万円から1500万円、背番号は「014」から「91」に変更。会見で「苦しかった時期? ずっとです。今まで経験したことのない気持ちで野球に臨んでいた」と涙を流した。

 キャンプイン直後、「早めにチャンスを与える」と語っていた原監督の期待に早々と応えた堂上。支配下登録にゴーサインを出した指揮官には「大物2人」の尻を叩く思惑もありそうだ。

 堂上の守備位置は、本職の外野より一塁を守る機会が増えた。ここには今季転向した阿部慎之助(35)がいるが、11年に肉離れを発症した「古傷」の右ふくらはぎを痛め、沖縄では別メニュー調整が続いている。もう主将でも捕手でもないだけに、立場はかなり危うい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る