堂上を支配下登録 巨人原監督の狙いは大物2人への“刺激剤”

公開日: 更新日:

 巨人の堂上剛裕(29)が23日、支配下登録され、沖縄・那覇市内のホテルで会見を行った。

 昨オフに中日から戦力外通告を受け、育成選手として巨人入り。春季キャンプは一軍で、紅白戦、練習試合、オープン戦の実戦7試合で24打数10安打、打率.417、1本塁打、9打点と打ちまくった。年俸は600万円から1500万円、背番号は「014」から「91」に変更。会見で「苦しかった時期? ずっとです。今まで経験したことのない気持ちで野球に臨んでいた」と涙を流した。

 キャンプイン直後、「早めにチャンスを与える」と語っていた原監督の期待に早々と応えた堂上。支配下登録にゴーサインを出した指揮官には「大物2人」の尻を叩く思惑もありそうだ。

 堂上の守備位置は、本職の外野より一塁を守る機会が増えた。ここには今季転向した阿部慎之助(35)がいるが、11年に肉離れを発症した「古傷」の右ふくらはぎを痛め、沖縄では別メニュー調整が続いている。もう主将でも捕手でもないだけに、立場はかなり危うい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る