• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好投も首脳陣は疑心暗鬼…西武・誠のヤンチャすぎた“過去”

 西武の高卒3年目・誠(20)が27日、オリックスとの練習試合で3回1安打無失点の好投。「とりあえずゼロでよかった」と喜んだ。先発ローテ入りを狙う若手有望株。ただ、ヤンチャな過去があるだけに、首脳陣はまだ疑心暗鬼だ。

 西武入団が決まっていた千葉国際高3年の12月、東京湾アクアラインを無免許運転した揚げ句、スピード違反で摘発され、入団手続きが一時凍結するという不祥事を起こした。

 これで反省するかと思いきや、入団2年目に、未成年にもかかわらず、数回にわたって都内の飲食店で喫煙と飲酒を繰り返していたことが発覚。球団から6カ月の対外試合への出場禁止と、寮からの夜間外出禁止処分などを下された。

 2度目の裏切り行為は重かった。西武のユニホームを着ることすら許されず、練習着でシート打撃の登板を重ね、ようやく処分が明けたのは昨年7月だった。

 一軍キャンプに抜擢した田辺監督の期待は大きい。プロの世界で「3度目」はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る