好投も首脳陣は疑心暗鬼…西武・誠のヤンチャすぎた“過去”

公開日: 更新日:

 西武の高卒3年目・誠(20)が27日、オリックスとの練習試合で3回1安打無失点の好投。「とりあえずゼロでよかった」と喜んだ。先発ローテ入りを狙う若手有望株。ただ、ヤンチャな過去があるだけに、首脳陣はまだ疑心暗鬼だ。

 西武入団が決まっていた千葉国際高3年の12月、東京湾アクアラインを無免許運転した揚げ句、スピード違反で摘発され、入団手続きが一時凍結するという不祥事を起こした。

 これで反省するかと思いきや、入団2年目に、未成年にもかかわらず、数回にわたって都内の飲食店で喫煙と飲酒を繰り返していたことが発覚。球団から6カ月の対外試合への出場禁止と、寮からの夜間外出禁止処分などを下された。

 2度目の裏切り行為は重かった。西武のユニホームを着ることすら許されず、練習着でシート打撃の登板を重ね、ようやく処分が明けたのは昨年7月だった。

 一軍キャンプに抜擢した田辺監督の期待は大きい。プロの世界で「3度目」はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  4. 4

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  9. 9

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る