“巨人の鉄腕”山口の復活を喜ぶ新守護神候補・沢村の皮算用

公開日: 更新日:

 巨人の鉄腕が実戦復帰を果たした。山口鉄也(31)が、日本ハム戦の八回に3番手として登板。先頭のハーミッダに一発を浴びたが、その後は3人を5球で抑え、1回を1失点だった。

 昨年途中に左ヒジを痛めた影響から、これまで慎重に調整してきた。山口は「投げられたことが良かった。実戦が始まったので打者を抑えていきたい」と頬を緩め、原監督も「腕を振って投げられたことが収穫ですね」と一安心の様子である。

 昨季は防御率3.04と苦しんだ。7年連続60試合登板のセットアッパーの復活は、リーグ4連覇を目指す巨人の最重要課題。そんな中、指揮官同様に復帰を喜んでいるのが、先発からリリーフに転向した沢村拓一(26)ではないか。山口のデキが自身の今後に大きく関わってくるからだ。

 絶対的な存在だった山口がコケれば皆コケる――。昨季は西村もマシソンも調子が上がらず、救援防御率は4.01。原監督はリリーフ陣の整備をテーマに掲げ、沢村を転向させた経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る