代役続々で焦り…左ヒジ痛の巨人・山口に飛ばし過ぎ懸念

公開日: 更新日:

 巨人山口鉄也(31)が強い危機感を持ってグアムへ飛んだ。

 6日、内海らと自主トレ先に出発。昨季途中に左ヒジを痛め、シーズン終了後にヤンキース田中と同じ「PRP療法」を行うなど、このオフはリハビリに費やしてきた。すでに軽めのキャッチボールは再開しているが、「暖かいところで本格的に肩をつくっていきたい」と南国でハイペースで仕上げるつもりだ。

 順調なら今季中に国内FA権を取得する。7年連続60試合以上登板で、原政権の生命線といわれる鉄腕は、3年10億円超の大型契約を結んだばかり。生涯巨人を誓ったようなものだ。

 そんな高い評価とは裏腹に、原辰徳監督(56)はせっせと救援左腕を集める。レンジャーズから加入する新外国人選手の大型左腕アーロン・ポレダ(28)は「先発から中継ぎもできる」という触れ込みだが、昨季は救援のみで26試合に登板。この日、入寮したドラフト2位の戸根千明(22=日大)も、ドラフト前日に映像をチェックした原監督の鶴の一声で指名が決定。「即戦力中継ぎ」の期待がかかる。ドラフト4位の田中大輝(22=国学院大)も左投手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る