代役続々で焦り…左ヒジ痛の巨人・山口に飛ばし過ぎ懸念

公開日:  更新日:

 巨人の山口鉄也(31)が強い危機感を持ってグアムへ飛んだ。

 6日、内海らと自主トレ先に出発。昨季途中に左ヒジを痛め、シーズン終了後にヤンキース田中と同じ「PRP療法」を行うなど、このオフはリハビリに費やしてきた。すでに軽めのキャッチボールは再開しているが、「暖かいところで本格的に肩をつくっていきたい」と南国でハイペースで仕上げるつもりだ。

 順調なら今季中に国内FA権を取得する。7年連続60試合以上登板で、原政権の生命線といわれる鉄腕は、3年10億円超の大型契約を結んだばかり。生涯巨人を誓ったようなものだ。

 そんな高い評価とは裏腹に、原辰徳監督(56)はせっせと救援左腕を集める。レンジャーズから加入する新外国人選手の大型左腕アーロン・ポレダ(28)は「先発から中継ぎもできる」という触れ込みだが、昨季は救援のみで26試合に登板。この日、入寮したドラフト2位の戸根千明(22=日大)も、ドラフト前日に映像をチェックした原監督の鶴の一声で指名が決定。「即戦力中継ぎ」の期待がかかる。ドラフト4位の田中大輝(22=国学院大)も左投手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る