代役続々で焦り…左ヒジ痛の巨人・山口に飛ばし過ぎ懸念

公開日:  更新日:

 巨人の山口鉄也(31)が強い危機感を持ってグアムへ飛んだ。

 6日、内海らと自主トレ先に出発。昨季途中に左ヒジを痛め、シーズン終了後にヤンキース田中と同じ「PRP療法」を行うなど、このオフはリハビリに費やしてきた。すでに軽めのキャッチボールは再開しているが、「暖かいところで本格的に肩をつくっていきたい」と南国でハイペースで仕上げるつもりだ。

 順調なら今季中に国内FA権を取得する。7年連続60試合以上登板で、原政権の生命線といわれる鉄腕は、3年10億円超の大型契約を結んだばかり。生涯巨人を誓ったようなものだ。

 そんな高い評価とは裏腹に、原辰徳監督(56)はせっせと救援左腕を集める。レンジャーズから加入する新外国人選手の大型左腕アーロン・ポレダ(28)は「先発から中継ぎもできる」という触れ込みだが、昨季は救援のみで26試合に登板。この日、入寮したドラフト2位の戸根千明(22=日大)も、ドラフト前日に映像をチェックした原監督の鶴の一声で指名が決定。「即戦力中継ぎ」の期待がかかる。ドラフト4位の田中大輝(22=国学院大)も左投手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る