すべて本人尊重 広島黒田はSB松坂以上の“超VIP待遇”

公開日: 更新日:

 ハリウッドスターさながらだった。

 8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹(40)が17日、グレーのスーツ姿でキャンプ地の沖縄入り。那覇空港で待ち受けた300人以上のファンから一斉にカメラのフラッシュがたかれる中、球団関係者ら5人にガードされながら車で宿舎に移動した。

 その宿舎では緒方孝市監督(46)が10分も前からわざわざ玄関で待ち構え、がっちり握手を交わすVIP待遇。年俸20億円のメジャーからのオファーを蹴り、4億円で広島に復帰。その決断を泣かんばかりに喜んだ球団の感激がそのまま表れたような歓待だった。

 それだけではない。グラウンド内でも同じく9年ぶりに日本球界に復帰したソフトバンク松坂大輔(34)以上の破格の扱いが用意されている。

 まず練習内容。球団は一応、他選手と同じような練習メニューを作成する予定だが、チーム関係者によれば「それはあくまで形式的なもの。基本的にはウオームアップ後は全て黒田自身が決めていいことになっている」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る