“いわくつき指導者”を駅伝監督に起用した日体大の窮状

公開日: 更新日:

 大学駅伝界の監督がひとり、一線を退いた。

 日本体育大学は昨4日、陸上部駅伝ブロックの別府健至監督が退任し、後任には渡辺正昭氏(日体荏原高教諭)が就任すると発表した。

 別府監督は就任14年目の13年、箱根駅伝の89回大会で長らく低迷していた日体大を30年ぶり10度目の総合優勝に導いた。スピード強化を図るため、他大学に先駆けて選手をハーフマラソンに出場させるなど、指導力には定評があった。別府監督は現在、児童スポーツ教育学部准教授の立場。今回の退任について日体大は「重要なポジションであり、学部に欠かせない存在であるため、大学の判断で研究に専念してもらう」(広報課)としているが、優勝から遠ざかったことも一因だろう。

 連覇がかかった14年(90回)大会は主力がこぞって卒業したこともあって3位に終わり、今年(91回大会)も選手の底上げに失敗し15位と惨敗。10位以内に与えられる来年のシード権を逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

もっと見る