“いわくつき指導者”を駅伝監督に起用した日体大の窮状

公開日:  更新日:

 大学駅伝界の監督がひとり、一線を退いた。

 日本体育大学は昨4日、陸上部駅伝ブロックの別府健至監督が退任し、後任には渡辺正昭氏(日体荏原高教諭)が就任すると発表した。

 別府監督は就任14年目の13年、箱根駅伝の89回大会で長らく低迷していた日体大を30年ぶり10度目の総合優勝に導いた。スピード強化を図るため、他大学に先駆けて選手をハーフマラソンに出場させるなど、指導力には定評があった。別府監督は現在、児童スポーツ教育学部准教授の立場。今回の退任について日体大は「重要なポジションであり、学部に欠かせない存在であるため、大学の判断で研究に専念してもらう」(広報課)としているが、優勝から遠ざかったことも一因だろう。

 連覇がかかった14年(90回)大会は主力がこぞって卒業したこともあって3位に終わり、今年(91回大会)も選手の底上げに失敗し15位と惨敗。10位以内に与えられる来年のシード権を逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る