“いわくつき指導者”を駅伝監督に起用した日体大の窮状

公開日: 更新日:

 大学駅伝界の監督がひとり、一線を退いた。

 日本体育大学は昨4日、陸上部駅伝ブロックの別府健至監督が退任し、後任には渡辺正昭氏(日体荏原高教諭)が就任すると発表した。

 別府監督は就任14年目の13年、箱根駅伝の89回大会で長らく低迷していた日体大を30年ぶり10度目の総合優勝に導いた。スピード強化を図るため、他大学に先駆けて選手をハーフマラソンに出場させるなど、指導力には定評があった。別府監督は現在、児童スポーツ教育学部准教授の立場。今回の退任について日体大は「重要なポジションであり、学部に欠かせない存在であるため、大学の判断で研究に専念してもらう」(広報課)としているが、優勝から遠ざかったことも一因だろう。

 連覇がかかった14年(90回)大会は主力がこぞって卒業したこともあって3位に終わり、今年(91回大会)も選手の底上げに失敗し15位と惨敗。10位以内に与えられる来年のシード権を逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る