日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“いわくつき指導者”を駅伝監督に起用した日体大の窮状

 大学駅伝界の監督がひとり、一線を退いた。

 日本体育大学は昨4日、陸上部駅伝ブロックの別府健至監督が退任し、後任には渡辺正昭氏(日体荏原高教諭)が就任すると発表した。

 別府監督は就任14年目の13年、箱根駅伝の89回大会で長らく低迷していた日体大を30年ぶり10度目の総合優勝に導いた。スピード強化を図るため、他大学に先駆けて選手をハーフマラソンに出場させるなど、指導力には定評があった。別府監督は現在、児童スポーツ教育学部准教授の立場。今回の退任について日体大は「重要なポジションであり、学部に欠かせない存在であるため、大学の判断で研究に専念してもらう」(広報課)としているが、優勝から遠ざかったことも一因だろう。

 連覇がかかった14年(90回)大会は主力がこぞって卒業したこともあって3位に終わり、今年(91回大会)も選手の底上げに失敗し15位と惨敗。10位以内に与えられる来年のシード権を逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事