「ライバル?いないっしょ」日ハム中田が狙う本塁打王タイトル

公開日: 更新日:

 表向きにはあまり口にしませんが、中田がかねて「やっぱり欲しいですよ、そりゃあ」と言っているのが、本塁打王のタイトルです。

 昨季は初めて打点王を獲得。4番の仕事に直結する部門でトップに立ったことに満足そうではあったものの、やはり本塁打には強いこだわりを持っているのです。

 昨季は27本塁打。本塁打王に輝いた西武の「おかわりくん」こと中村、メヒアが34本塁打でしたから、十分に射程圏内。本人も「本塁打王のライバル? いないっしょ。おかわりさん以外は」と大阪桐蔭高の先輩との争いに自信を見せています。

 それだけ、コンディションがいいということ。これもあまり公にはしていませんが、徹底した食事管理の賜物でしょう。ヤンチャな中田には“食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲む”というイメージがあるかもしれませんが、これが大違い。一昨年から栄養士の先生と専属契約を結び、厳しい食事制限に取り組んでいるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る