「ライバル?いないっしょ」日ハム中田が狙う本塁打王タイトル

公開日:  更新日:

 表向きにはあまり口にしませんが、中田がかねて「やっぱり欲しいですよ、そりゃあ」と言っているのが、本塁打王のタイトルです。

 昨季は初めて打点王を獲得。4番の仕事に直結する部門でトップに立ったことに満足そうではあったものの、やはり本塁打には強いこだわりを持っているのです。

 昨季は27本塁打。本塁打王に輝いた西武の「おかわりくん」こと中村、メヒアが34本塁打でしたから、十分に射程圏内。本人も「本塁打王のライバル? いないっしょ。おかわりさん以外は」と大阪桐蔭高の先輩との争いに自信を見せています。

 それだけ、コンディションがいいということ。これもあまり公にはしていませんが、徹底した食事管理の賜物でしょう。ヤンチャな中田には“食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲む”というイメージがあるかもしれませんが、これが大違い。一昨年から栄養士の先生と専属契約を結び、厳しい食事制限に取り組んでいるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る