「ライバル?いないっしょ」日ハム中田が狙う本塁打王タイトル

公開日: 更新日:

 表向きにはあまり口にしませんが、中田がかねて「やっぱり欲しいですよ、そりゃあ」と言っているのが、本塁打王のタイトルです。

 昨季は初めて打点王を獲得。4番の仕事に直結する部門でトップに立ったことに満足そうではあったものの、やはり本塁打には強いこだわりを持っているのです。

 昨季は27本塁打。本塁打王に輝いた西武の「おかわりくん」こと中村、メヒアが34本塁打でしたから、十分に射程圏内。本人も「本塁打王のライバル? いないっしょ。おかわりさん以外は」と大阪桐蔭高の先輩との争いに自信を見せています。

 それだけ、コンディションがいいということ。これもあまり公にはしていませんが、徹底した食事管理の賜物でしょう。ヤンチャな中田には“食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲む”というイメージがあるかもしれませんが、これが大違い。一昨年から栄養士の先生と専属契約を結び、厳しい食事制限に取り組んでいるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  3. 3

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  6. 6

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  7. 7

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  8. 8

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  9. 9

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  10. 10

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

もっと見る