イチロー必死のアピール サイ・ヤング賞右腕から内野安打

公開日: 更新日:

 メジャー15年目のベテラン外野手が必死のアピールを続けている。

 マーリンズ・イチロー(41)が10日(日本時間11日)のナショナルズとのオープン戦に「6番・DH」でスタメン出場し、3打数1安打。八回に代打を送られて退いた。

 この日の相手先発は13年に21勝(3敗)をマークし、ダル、マリナーズ・岩隈を抑えてサイ・ヤング賞を受賞したマックス・シャーザー(30=前タイガース)。昨オフに7年総額2億1000万ドル(約252億円)の大型契約で移籍したメジャーを代表する右腕相手に二回の第1打席、甘く入った直球を捉えた当たりは三遊間へ。これにイチローは俊足を飛ばして一塁ベースを駆け抜けて内野安打とした。

 ナショナルズのエース右腕から結果を残したが、試合後は「まだ、動きがイメージに合わない段階。向こう(シャーザー)だってそういう(調整段階の)状態でしょう。参考になるものではない」と冷静に振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  10. 10

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る