イチロー必死のアピール サイ・ヤング賞右腕から内野安打

公開日: 更新日:

 メジャー15年目のベテラン外野手が必死のアピールを続けている。

 マーリンズ・イチロー(41)が10日(日本時間11日)のナショナルズとのオープン戦に「6番・DH」でスタメン出場し、3打数1安打。八回に代打を送られて退いた。

 この日の相手先発は13年に21勝(3敗)をマークし、ダル、マリナーズ・岩隈を抑えてサイ・ヤング賞を受賞したマックス・シャーザー(30=前タイガース)。昨オフに7年総額2億1000万ドル(約252億円)の大型契約で移籍したメジャーを代表する右腕相手に二回の第1打席、甘く入った直球を捉えた当たりは三遊間へ。これにイチローは俊足を飛ばして一塁ベースを駆け抜けて内野安打とした。

 ナショナルズのエース右腕から結果を残したが、試合後は「まだ、動きがイメージに合わない段階。向こう(シャーザー)だってそういう(調整段階の)状態でしょう。参考になるものではない」と冷静に振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  5. 5

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  6. 6

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  7. 7

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る