安楽の一軍デビューは「再来年」 楽天・酒井二軍監督が明言

公開日: 更新日:

「一軍で早く投げたい。まずは二軍で結果を残していきたい」

 12日、教育リーグのヤクルト戦でプロ入り初の実戦登板を果たした楽天「ドラ1」の安楽智大(18=済美)が、力強くこう言った。

 1回を無安打投球。ストレートの最速は146キロをマークし、スライダーで2三振を奪った。「真っすぐの走りが良くなかったが、スライダーの切れは良かった」と自己評価した右腕だが、ネット裏の編成担当は、「フォームに躍動感がない。速球は角度がなく、キレもまだまだ。高校時の面影はないね。今の状態では一軍では厳しいと思う」と辛口評だった。

 それは楽天首脳陣も百も承知のようだ。酒井二軍監督がこう言った。

「キャンプ当初はフォームがバラバラでボールに力が伝わらず、迷いもあった。今は、高2の躍動感があったフォームに近い形に戻し始めたところ。今季中に一軍? それは考えていない。今の力では一軍で安定してローテを守るのは難しい。大久保監督とも球団とも、少なくとも今年は二軍で土台をつくろうという方向で話をしている。秋に一軍の順位が確定した段階で、経験を積ませるために一軍登板することはあるかもしれないが、今年は助走期間の位置づけ。今日のように1イニングを全力で投げることから初めて徐々にイニングを増やす。来年、二軍でローテ投手として誰もが実力を認め、3年目に一軍のローテに入ってくれたら。段階を踏んで成長してくれたらと思う」

 この日、大久保監督も安楽の一軍起用について「今年は100%ないといえる」と発言。安楽は、「今年の目標は開幕一軍、そして新人王を取りたい」と宣言していたものの、そのレベルにはまだまだ遠いようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る