開幕4番最有力に浮上の巨人セペダ 他球団“大歓迎”の理由

公開日: 更新日:

 4番争いを一歩リードした。来日2年目のフレデリク・セペダ(34)が昨18日のDeNA戦に「4番・DH」で先発出場。高崎の142キロの外角直球を逆らわずに左中間スタンドへ運んだ。高橋由に続く、オープン戦でのチーム第2号。原監督も「いい打撃」と及第点を与えた。

 セペダのオープン戦打率は.289。めでたく本塁打も放ち、開幕4番最有力候補に躍り出た。原監督がキャンプから「出てこないのが課題」と嘆いていた「4番問題」。これを他球団が逆手に取っているという情報がある。

「セペダは左打席では、去年から外角や低めといった腕が伸びるところは要注意。逆に内角、高め、低めに落ちる変化球などが弱点。沖縄キャンプに合流してからの実戦では克服されている気配があったが、オープン戦に入ってもやっぱり変わっていませんね」とセ・リーグ某スコアラーがこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  6. 6

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る