開幕4番最有力に浮上の巨人セペダ 他球団“大歓迎”の理由

公開日: 更新日:

 4番争いを一歩リードした。来日2年目のフレデリク・セペダ(34)が昨18日のDeNA戦に「4番・DH」で先発出場。高崎の142キロの外角直球を逆らわずに左中間スタンドへ運んだ。高橋由に続く、オープン戦でのチーム第2号。原監督も「いい打撃」と及第点を与えた。

 セペダのオープン戦打率は.289。めでたく本塁打も放ち、開幕4番最有力候補に躍り出た。原監督がキャンプから「出てこないのが課題」と嘆いていた「4番問題」。これを他球団が逆手に取っているという情報がある。

「セペダは左打席では、去年から外角や低めといった腕が伸びるところは要注意。逆に内角、高め、低めに落ちる変化球などが弱点。沖縄キャンプに合流してからの実戦では克服されている気配があったが、オープン戦に入ってもやっぱり変わっていませんね」とセ・リーグ某スコアラーがこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る