開幕4番最有力に浮上の巨人セペダ 他球団“大歓迎”の理由

公開日:  更新日:

 4番争いを一歩リードした。来日2年目のフレデリク・セペダ(34)が昨18日のDeNA戦に「4番・DH」で先発出場。高崎の142キロの外角直球を逆らわずに左中間スタンドへ運んだ。高橋由に続く、オープン戦でのチーム第2号。原監督も「いい打撃」と及第点を与えた。

 セペダのオープン戦打率は.289。めでたく本塁打も放ち、開幕4番最有力候補に躍り出た。原監督がキャンプから「出てこないのが課題」と嘆いていた「4番問題」。これを他球団が逆手に取っているという情報がある。

「セペダは左打席では、去年から外角や低めといった腕が伸びるところは要注意。逆に内角、高め、低めに落ちる変化球などが弱点。沖縄キャンプに合流してからの実戦では克服されている気配があったが、オープン戦に入ってもやっぱり変わっていませんね」とセ・リーグ某スコアラーがこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る