日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主砲復帰も混乱拍車?巨人が陥る“しっちゃかめっちゃか”

 右ふくらはぎ痛で別メニュー調整中の巨人・阿部慎之助(35)が6日、DeNAとの二軍戦に「3番・一塁」で先発出場。先月15日の紅白戦以来となる実戦は、遊飛と四球でベンチに退いた。

 沖縄2次キャンプ初日の先月16日に負傷。原監督はキャンプ終盤、「現状、4番を打つ人がいない」と嘆いていただけに、主砲の復帰は喜ばしい話。と思いきや、公式ホームページ上の「日記」でこうつづっている。

「マイナスは、(阿部)慎之助の離脱です。一塁へのコンバートで身軽になり、強度を上げた練習に打ち込んでいる姿が新鮮に映っていました。しかし、『ここでけがをしているようでは……』です。一年間戦う上において、これまで同様に彼を頼みにすることは、得策でないと言わざるを得ません」

 要するに、アテにも信用もできない、というわけだ。さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事