主砲復帰も混乱拍車?巨人が陥る“しっちゃかめっちゃか”

公開日: 更新日:

 右ふくらはぎ痛で別メニュー調整中の巨人阿部慎之助(35)が6日、DeNAとの二軍戦に「3番・一塁」で先発出場。先月15日の紅白戦以来となる実戦は、遊飛と四球でベンチに退いた。

 沖縄2次キャンプ初日の先月16日に負傷。原監督はキャンプ終盤、「現状、4番を打つ人がいない」と嘆いていただけに、主砲の復帰は喜ばしい話。と思いきや、公式ホームページ上の「日記」でこうつづっている。

「マイナスは、(阿部)慎之助の離脱です。一塁へのコンバートで身軽になり、強度を上げた練習に打ち込んでいる姿が新鮮に映っていました。しかし、『ここでけがをしているようでは……』です。一年間戦う上において、これまで同様に彼を頼みにすることは、得策でないと言わざるを得ません」

 要するに、アテにも信用もできない、というわけだ。さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る