主砲復帰も混乱拍車?巨人が陥る“しっちゃかめっちゃか”

公開日:  更新日:

 右ふくらはぎ痛で別メニュー調整中の巨人・阿部慎之助(35)が6日、DeNAとの二軍戦に「3番・一塁」で先発出場。先月15日の紅白戦以来となる実戦は、遊飛と四球でベンチに退いた。

 沖縄2次キャンプ初日の先月16日に負傷。原監督はキャンプ終盤、「現状、4番を打つ人がいない」と嘆いていただけに、主砲の復帰は喜ばしい話。と思いきや、公式ホームページ上の「日記」でこうつづっている。

「マイナスは、(阿部)慎之助の離脱です。一塁へのコンバートで身軽になり、強度を上げた練習に打ち込んでいる姿が新鮮に映っていました。しかし、『ここでけがをしているようでは……』です。一年間戦う上において、これまで同様に彼を頼みにすることは、得策でないと言わざるを得ません」

 要するに、アテにも信用もできない、というわけだ。さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る