江夏・大野“W豊”が絶賛 阪神左腕・島本をセの007が警戒

公開日:  更新日:

 阪神5年目左腕の島本浩也(22)の評価がやけに高い。

 昨秋キャンプで阪神の臨時コーチを務めた大野豊氏が「体は小さいけど投げっぷりがいい」と絶賛すれば、今春キャンプで臨時コーチを務めた江夏豊氏も「決して恵まれた体じゃないのに、いいボールを投げている」と評価。島本ひとりにだけグラブをプレゼントした。

 昨オフに育成契約から支配下登録。給料は支配下選手でチーム最低年俸となる420万円の格安左腕は、15日のDeNA戦でも0回3分の2を無失点。これでキャンプからの対外試合で10試合連続無失点と好調を維持している。チームは中継ぎ左腕が不足しており、すでに開幕一軍も決定的。“レジェンド”たちの賛辞は決してお世辞ではなかったということだろう。

 ライバル球団の007が言う。

「左のワンポイントという位置づけになる。昨年から速球のスピードが5キロ以上増えて、勢いが出てきた。シュートも覚えたし、公式戦では左打者の内角をガンガン突けるかどうか。オープン戦はここまで、打者が早打ちする傾向もあり、内を厳しく突いて打ち取ったケースがあまり多くなかった。公式戦は左の強打者相手に投げる場面も多くなるでしょう。そこで臆することなく攻めの投球をしてくるようなら、厄介な投手になる」

 セには阿部(巨人)、筒香(DeNA)、雄平(ヤクルト)、丸(広島)ら左の好打者が多い。待遇も練習環境も恵まれた阪神の若手は「温室育ち」が多いといわれるが、底辺から這い上がり、「育成の星」になれるか。まもなく始まるシーズンで真価が問われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る