親方たちはホッ…白鵬の「謝罪拒否」 いったい誰が困るのか?

公開日:  更新日:

 また背を向けた。

 春場所11日目も大関豪栄道をものともせず、全勝街道を突き進む横綱白鵬(30)。取組後は相変わらず報道陣に背中を向けたまま、だんまりだった。どの力士もマゲを結い直しながら質問に答えるのが通例だが、白鵬は今場所2日目から取材拒否を貫いている。

 発端は、すでにご存じのように先場所の優勝一夜明け会見での「審判部は子供以下」発言。これをマスコミに批判されたことでヘソを曲げたのだが、しかし、よくよく考えれば白鵬がしゃべらないで誰が困るというのか。

 ある協会職員は、「少なくとも、我々は困っていません」と苦笑いしてこう続ける。

「むしろ、親方たちはホッとしていますよ。これまでの白鵬のワガママぶりは協会内でも問題視されていた。審判部批判も、事なかれ主義の北の湖理事長(元横綱)がトップだから大きな騒動にならなかっただけ。内心ではみんな『ふざけるな!』ですから。それをロクに謝罪もせず、しかもまたぞろエラソーな口上を垂れるようなら、誰かが爆発してもおかしくなかった。出来れば、このままずっと黙っていてほしいくらいですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る