親方たちはホッ…白鵬の「謝罪拒否」 いったい誰が困るのか?

公開日: 更新日:

 また背を向けた。

 春場所11日目も大関豪栄道をものともせず、全勝街道を突き進む横綱白鵬(30)。取組後は相変わらず報道陣に背中を向けたまま、だんまりだった。どの力士もマゲを結い直しながら質問に答えるのが通例だが、白鵬は今場所2日目から取材拒否を貫いている。

 発端は、すでにご存じのように先場所の優勝一夜明け会見での「審判部は子供以下」発言。これをマスコミに批判されたことでヘソを曲げたのだが、しかし、よくよく考えれば白鵬がしゃべらないで誰が困るというのか。

 ある協会職員は、「少なくとも、我々は困っていません」と苦笑いしてこう続ける。

「むしろ、親方たちはホッとしていますよ。これまでの白鵬のワガママぶりは協会内でも問題視されていた。審判部批判も、事なかれ主義の北の湖理事長(元横綱)がトップだから大きな騒動にならなかっただけ。内心ではみんな『ふざけるな!』ですから。それをロクに謝罪もせず、しかもまたぞろエラソーな口上を垂れるようなら、誰かが爆発してもおかしくなかった。出来れば、このままずっと黙っていてほしいくらいですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る