日ハム有原が上出来初実戦マウンド 大谷と“2本柱”早期実現

公開日: 更新日:

 2試合続けて乱調だった大谷翔平(20)が21日の最終登板(対巨人)で3回零封。開幕投手にメドが立った日本ハムに連日の朗報か。

 22日のヤクルト戦に2番手で登板、2回をピシャリと抑えた斎藤佑樹(26)の好投ではもちろんない。ファームの西武戦で初実戦のマウンドを踏んだドラフト1位ルーキーの有原航平(22)が、1回を10球で3者凡退に抑えたのだ。

 初球に147キロをマーク。最速は150キロを計測した。昨夏に右肘を痛め、キャンプは二軍スタート。ここまでスロー調整を余儀なくされていたものの、上々の滑り出しだ。

「リハビリが思うようにいかなければ最悪、手術の可能性まであったといいます。それがこの時期に実戦までこぎつけたわけですから、首脳陣は大谷に続いてうれしい悲鳴でしょう」と、さるOBがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

  10. 10

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る