広島「黒田効果」がマエケンに波及 今季ついに完全覚醒か

公開日:  更新日:

「曲がりながら落ちる。左右(のコーナー)にビッシビシですよ。それも打者のホントの手元でギュンですから。ヤバイっす。あんな軌道、見たことないっす」

 昨季のセ打率2位、広島の若武者・菊池(25)のセリフだ。守っている味方の野手にすら目を丸くさせる黒田博樹(40)が、昨22日のオープン戦最終戦でも好投を見せた。7回無四球無失点。右打者の内角に落ちるツーシームと外角に滑るカットボールを駆使して、この日もわずか92球で打者25人を片づけた。

 自然とチーム関係者の声は弾む。

「正直、期待以上。首脳陣は『成績は10勝10敗でもいい。1年間ローテを守ってくれさえすれば、それだけで他の先発陣の負担は減る。貯金はマエケンと大瀬良で作る』と見ていたのですが、うれしい誤算です。黒田をバチバチに意識しているマエケンは今年、完全に覚醒すると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る