広島「黒田効果」がマエケンに波及 今季ついに完全覚醒か

公開日: 更新日:

「曲がりながら落ちる。左右(のコーナー)にビッシビシですよ。それも打者のホントの手元でギュンですから。ヤバイっす。あんな軌道、見たことないっす」

 昨季のセ打率2位、広島の若武者・菊池(25)のセリフだ。守っている味方の野手にすら目を丸くさせる黒田博樹(40)が、昨22日のオープン戦最終戦でも好投を見せた。7回無四球無失点。右打者の内角に落ちるツーシームと外角に滑るカットボールを駆使して、この日もわずか92球で打者25人を片づけた。

 自然とチーム関係者の声は弾む。

「正直、期待以上。首脳陣は『成績は10勝10敗でもいい。1年間ローテを守ってくれさえすれば、それだけで他の先発陣の負担は減る。貯金はマエケンと大瀬良で作る』と見ていたのですが、うれしい誤算です。黒田をバチバチに意識しているマエケンは今年、完全に覚醒すると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る