広島「黒田効果」がマエケンに波及 今季ついに完全覚醒か

公開日: 更新日:

「曲がりながら落ちる。左右(のコーナー)にビッシビシですよ。それも打者のホントの手元でギュンですから。ヤバイっす。あんな軌道、見たことないっす」

 昨季のセ打率2位、広島の若武者・菊池(25)のセリフだ。守っている味方の野手にすら目を丸くさせる黒田博樹(40)が、昨22日のオープン戦最終戦でも好投を見せた。7回無四球無失点。右打者の内角に落ちるツーシームと外角に滑るカットボールを駆使して、この日もわずか92球で打者25人を片づけた。

 自然とチーム関係者の声は弾む。

「正直、期待以上。首脳陣は『成績は10勝10敗でもいい。1年間ローテを守ってくれさえすれば、それだけで他の先発陣の負担は減る。貯金はマエケンと大瀬良で作る』と見ていたのですが、うれしい誤算です。黒田をバチバチに意識しているマエケンは今年、完全に覚醒すると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

もっと見る