4年前と酷似 オープン戦9試合HRゼロの巨人に不吉な兆候

公開日: 更新日:

 肌寒い天候同様、巨人打線もお寒い状況に陥っている。

 8日、甲子園で行われた阪神とのオープン戦は1-0。打線は7安打で打点は大田のポテンヒットのみだった。原辰徳監督(56)は「(大田は)追い込まれて、ずっとしのぎながら打った。2死からああいうヒットが出ると大きい」と称えたものの、オープン戦9試合を終え、12球団で唯一、巨人だけが本塁打ゼロ。「4番が出てこないのが課題」と話していたその4番にはセペダが入ったが、3タコと元気がなかった。

 指揮官は貧打に泣いた昨季の教訓から、「野性」をテーマに今季に臨んでいる。体感160キロの超高速マシン練習を導入するなど、打線強化を図ってきた。それが、本塁打どころかチーム打率も.237と低調。故障の影響で阿部、アンダーソン、長野といった中軸打者が不在。まだオープン戦ではあるが、楽観はできない。不吉な兆候だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る