4年前と酷似 オープン戦9試合HRゼロの巨人に不吉な兆候

公開日: 更新日:

 肌寒い天候同様、巨人打線もお寒い状況に陥っている。

 8日、甲子園で行われた阪神とのオープン戦は1-0。打線は7安打で打点は大田のポテンヒットのみだった。原辰徳監督(56)は「(大田は)追い込まれて、ずっとしのぎながら打った。2死からああいうヒットが出ると大きい」と称えたものの、オープン戦9試合を終え、12球団で唯一、巨人だけが本塁打ゼロ。「4番が出てこないのが課題」と話していたその4番にはセペダが入ったが、3タコと元気がなかった。

 指揮官は貧打に泣いた昨季の教訓から、「野性」をテーマに今季に臨んでいる。体感160キロの超高速マシン練習を導入するなど、打線強化を図ってきた。それが、本塁打どころかチーム打率も.237と低調。故障の影響で阿部、アンダーソン、長野といった中軸打者が不在。まだオープン戦ではあるが、楽観はできない。不吉な兆候だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る