4年前と酷似 オープン戦9試合HRゼロの巨人に不吉な兆候

公開日:  更新日:

 肌寒い天候同様、巨人打線もお寒い状況に陥っている。

 8日、甲子園で行われた阪神とのオープン戦は1-0。打線は7安打で打点は大田のポテンヒットのみだった。原辰徳監督(56)は「(大田は)追い込まれて、ずっとしのぎながら打った。2死からああいうヒットが出ると大きい」と称えたものの、オープン戦9試合を終え、12球団で唯一、巨人だけが本塁打ゼロ。「4番が出てこないのが課題」と話していたその4番にはセペダが入ったが、3タコと元気がなかった。

 指揮官は貧打に泣いた昨季の教訓から、「野性」をテーマに今季に臨んでいる。体感160キロの超高速マシン練習を導入するなど、打線強化を図ってきた。それが、本塁打どころかチーム打率も.237と低調。故障の影響で阿部、アンダーソン、長野といった中軸打者が不在。まだオープン戦ではあるが、楽観はできない。不吉な兆候だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る