4年前と酷似 オープン戦9試合HRゼロの巨人に不吉な兆候

公開日: 更新日:

 肌寒い天候同様、巨人打線もお寒い状況に陥っている。

 8日、甲子園で行われた阪神とのオープン戦は1-0。打線は7安打で打点は大田のポテンヒットのみだった。原辰徳監督(56)は「(大田は)追い込まれて、ずっとしのぎながら打った。2死からああいうヒットが出ると大きい」と称えたものの、オープン戦9試合を終え、12球団で唯一、巨人だけが本塁打ゼロ。「4番が出てこないのが課題」と話していたその4番にはセペダが入ったが、3タコと元気がなかった。

 指揮官は貧打に泣いた昨季の教訓から、「野性」をテーマに今季に臨んでいる。体感160キロの超高速マシン練習を導入するなど、打線強化を図ってきた。それが、本塁打どころかチーム打率も.237と低調。故障の影響で阿部、アンダーソン、長野といった中軸打者が不在。まだオープン戦ではあるが、楽観はできない。不吉な兆候だからだ。

■リーグ3位に終わった4年前

 オープン戦でなかなか本塁打が出ず、マスコミに騒がれた年があった。飛ばないとされる統一球元年、4年前の11年である。いら立った原監督が「もっと大きく振っていけよ」とナインにゲキを飛ばす事態となり、オープン戦9試合目でやっと長野が一発を放った。しかし、貧打はそのままシーズンに持ち越され、終わってみればチーム打率は.266→243、得点は711→471、本塁打も226→108と前年から大暴落。不動の4番だったラミレスが外れることが多くなり、途中から阿部、長野、高橋由らが代わる代わる4番を務めた。原監督が組んだ打順は、113通りだった昨年並みの108通り。バタバタしたチームはリーグ3位に沈み、2年連続のV逸となった。さるチーム関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか