「勝ち続ければ」 渡辺恒雄氏がG原監督の“条件付き”続投示唆

公開日:  更新日:

「これが最終年だなんてなにかに書いてあったけど、誰も終わったなんて言っていない。適当な後任も目の前にはいない」 23日、財界人による巨人の応援組織「燦燦会」の総会が都内で開かれ、挨拶に立った渡辺恒雄球団最高顧問(88)が原監督にエールを送った。

 原監督は今年が2年契約最終年。渡辺氏は「誰も言ってない」としたが、昨年11月に白石オーナーがこう発言している。

「原監督の任期はもう1年。来年中にいろんなことを考えなきゃいけない。続投もあるかもしれないし、ポスト原を決めなきゃいけないかもしれない。松井(秀喜)君も『ポスト原』の有力候補であることは間違いない」

 渡辺氏はこの日、在任12年目の原監督に「13年目に入るかもしれないし、14年目にいくかもしれない。勝ち続ければそうなる」とも話したものの、結局、その去就は、態度を保留する松井次第、今季の結果次第ということに変わりはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る