“理想の打線”でサヨナラ勝ち 和田阪神は出来過ぎの開幕戦

公開日: 更新日:

 一番ほっとしているのは和田監督だろう。

 中日との開幕戦で3点を追う阪神は八回、2死から鳥谷、上本が出塁し、3番西岡、4番ゴメスの適時打で中日に追いつき延長戦に突入。十回は四球の上本を俊介が犠打で進め、マートンのサヨナラ打で開幕戦を制した。

 オープン戦終盤はサッパリ打てず、首脳陣も貧打を懸念。この日も六回まではわずか1安打でベンチ内には嫌な雰囲気も漂っていた。が、七回に福留にタイムリーが飛び出し、これが反撃の狼煙となった。結局、ポイントゲッターに任命されている4人が全得点を挙げた。

 1番鳥谷、2番上本、3番西岡を並べる打線は、現場やOBからも疑問の声が出ている。その打線が機能せず「今季もBクラス」ともっぱらの中日相手に、開幕戦からコロッと負けたら、辛口OBがスポーツ紙にどんなコメントをするかわからない。

 和田監督は「こういうつながり、点の取り方をしたいとずっと感じていた。どうしても開幕を取りたかった。これだけ粘り強く戦えて今後に向けても本当に大きい」と語った。この勝利で弾みがつくかどうか、本当に大事なのは2戦目以降だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る