“理想の打線”でサヨナラ勝ち 和田阪神は出来過ぎの開幕戦

公開日:  更新日:

 一番ほっとしているのは和田監督だろう。

 中日との開幕戦で3点を追う阪神は八回、2死から鳥谷、上本が出塁し、3番西岡、4番ゴメスの適時打で中日に追いつき延長戦に突入。十回は四球の上本を俊介が犠打で進め、マートンのサヨナラ打で開幕戦を制した。

 オープン戦終盤はサッパリ打てず、首脳陣も貧打を懸念。この日も六回まではわずか1安打でベンチ内には嫌な雰囲気も漂っていた。が、七回に福留にタイムリーが飛び出し、これが反撃の狼煙となった。結局、ポイントゲッターに任命されている4人が全得点を挙げた。

 1番鳥谷、2番上本、3番西岡を並べる打線は、現場やOBからも疑問の声が出ている。その打線が機能せず「今季もBクラス」ともっぱらの中日相手に、開幕戦からコロッと負けたら、辛口OBがスポーツ紙にどんなコメントをするかわからない。

 和田監督は「こういうつながり、点の取り方をしたいとずっと感じていた。どうしても開幕を取りたかった。これだけ粘り強く戦えて今後に向けても本当に大きい」と語った。この勝利で弾みがつくかどうか、本当に大事なのは2戦目以降だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る