開幕三連勝の西武 辛口OBへの“リベンジ”がナインの原動力

公開日:  更新日:

 29日のオリックス戦に逆転勝利して10年ぶりの開幕3連勝。田辺監督は試合後、昨季開幕3連敗だったことを引き合いに出し、「みんな悔しい思いだったから。(今年は)勝とうという気持ちでチーム一丸になった」とご満悦だった。だが、原動力は昨年のリベンジだけじゃない。

 大型補強もなく話題に乏しい西武は、宮崎での春季キャンプも最後までずっと「閑散」としていた。キャンプを訪れた球界OBは「片手で数えられる程度」(担当記者)だった。

「それなのに、シーズン前の球界OBの順位予想はBクラスばかり。これに一部ナインがブチ切れているんです。もともと西武は昨季本塁打王のおかわり(中村)と、メヒアを中軸に据えた打線は破壊力がある。長年弱点と言われ続けた救援陣も、今季はオープン戦から守護神の高橋朋、セットアッパーの増田が安定している。つまり、バランスは悪くない。そこでナインはOBらに『おまえら見てろよ!』と。これが大きい」(放送局関係者)

「パの2強」と呼ばれるソフトバンク、オリックスもウカウカしてられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る