開幕三連勝の西武 辛口OBへの“リベンジ”がナインの原動力

公開日: 更新日:

 29日のオリックス戦に逆転勝利して10年ぶりの開幕3連勝。田辺監督は試合後、昨季開幕3連敗だったことを引き合いに出し、「みんな悔しい思いだったから。(今年は)勝とうという気持ちでチーム一丸になった」とご満悦だった。だが、原動力は昨年のリベンジだけじゃない。

 大型補強もなく話題に乏しい西武は、宮崎での春季キャンプも最後までずっと「閑散」としていた。キャンプを訪れた球界OBは「片手で数えられる程度」(担当記者)だった。

「それなのに、シーズン前の球界OBの順位予想はBクラスばかり。これに一部ナインがブチ切れているんです。もともと西武は昨季本塁打王のおかわり(中村)と、メヒアを中軸に据えた打線は破壊力がある。長年弱点と言われ続けた救援陣も、今季はオープン戦から守護神の高橋朋、セットアッパーの増田が安定している。つまり、バランスは悪くない。そこでナインはOBらに『おまえら見てろよ!』と。これが大きい」(放送局関係者)

「パの2強」と呼ばれるソフトバンク、オリックスもウカウカしてられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る