• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕三連勝の西武 辛口OBへの“リベンジ”がナインの原動力

 29日のオリックス戦に逆転勝利して10年ぶりの開幕3連勝。田辺監督は試合後、昨季開幕3連敗だったことを引き合いに出し、「みんな悔しい思いだったから。(今年は)勝とうという気持ちでチーム一丸になった」とご満悦だった。だが、原動力は昨年のリベンジだけじゃない。

 大型補強もなく話題に乏しい西武は、宮崎での春季キャンプも最後までずっと「閑散」としていた。キャンプを訪れた球界OBは「片手で数えられる程度」(担当記者)だった。

「それなのに、シーズン前の球界OBの順位予想はBクラスばかり。これに一部ナインがブチ切れているんです。もともと西武は昨季本塁打王のおかわり(中村)と、メヒアを中軸に据えた打線は破壊力がある。長年弱点と言われ続けた救援陣も、今季はオープン戦から守護神の高橋朋、セットアッパーの増田が安定している。つまり、バランスは悪くない。そこでナインはOBらに『おまえら見てろよ!』と。これが大きい」(放送局関係者)

「パの2強」と呼ばれるソフトバンク、オリックスもウカウカしてられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る