12球団唯一 西武「開幕4連勝」の立役者は“田辺チルドレン”

公開日:  更新日:

 そういえば、この人も「新」監督だった。

 開幕から波に乗る西武が31日も敵地仙台で楽天を撃破した。二回に高卒2年目の森が先制打を放つと、七回には浅村が逆転2点適時打。12球団で唯一となる開幕4連勝を田辺新監督にプレゼントした。

 この森と浅村には、田辺監督に大きな恩がある。森は昨季の一軍抜擢だ。ある球団OBが言う。

「伊原前監督は森を『今年1年間は二軍で育てる』と開幕前から宣言。チームが最下位に低迷しようと、頑として譲らなかった。しかし、6月から監督代行として指揮を執るようになった田辺さんが『将来の正捕手なら、早く一軍を経験させなくてはダメだ』と7月下旬に昇格させた」

 伊原前監督がそのまま指揮を執っていたら、それこそ今季の開幕一軍もなかったかもしれない。

 これまで内野と外野を行ったり来たりしていた浅村は、オフに「来季は二塁一本で!」と、田辺監督に直訴。今のところその約束は守られており、開幕から「3番・二塁」としてスタメン出場を続けている。さらに高卒で入団した当初も、当時二軍打撃コーチだった田辺監督に世話になっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る