12球団唯一 西武「開幕4連勝」の立役者は“田辺チルドレン”

公開日:  更新日:

 そういえば、この人も「新」監督だった。

 開幕から波に乗る西武が31日も敵地仙台で楽天を撃破した。二回に高卒2年目の森が先制打を放つと、七回には浅村が逆転2点適時打。12球団で唯一となる開幕4連勝を田辺新監督にプレゼントした。

 この森と浅村には、田辺監督に大きな恩がある。森は昨季の一軍抜擢だ。ある球団OBが言う。

「伊原前監督は森を『今年1年間は二軍で育てる』と開幕前から宣言。チームが最下位に低迷しようと、頑として譲らなかった。しかし、6月から監督代行として指揮を執るようになった田辺さんが『将来の正捕手なら、早く一軍を経験させなくてはダメだ』と7月下旬に昇格させた」

 伊原前監督がそのまま指揮を執っていたら、それこそ今季の開幕一軍もなかったかもしれない。

 これまで内野と外野を行ったり来たりしていた浅村は、オフに「来季は二塁一本で!」と、田辺監督に直訴。今のところその約束は守られており、開幕から「3番・二塁」としてスタメン出場を続けている。さらに高卒で入団した当初も、当時二軍打撃コーチだった田辺監督に世話になっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る