• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

左打席でさっぱり…西岡が阪神打線の“ブレーキ”になる恐れ

 阪神は1点を追う九回2死一、二塁でマートンが二ゴロに倒れてゲームセット。開幕からの連勝は3でストップしたが、最終回はヤクルトファンをハラハラさせた。

 1番鳥谷が大引の悪送球で出塁。2番上本が犠打で送り、一発出れば逆転の場面。ここで打席に向かったのは、初回にヤクルト先発・成瀬から右打席で先制3ランを放っている西岡だ。しかし西岡は内角の変化球にタイミングが合わず遊ゴロ。左打席では、鋭い打球を飛ばす右打席とはまるで別人だった。

 ロッテ時代は3割を3度マークした巧打のスイッチヒッターは、10年には.346の高打率で首位打者に輝いた。この年は打数が2.5倍以上もある左で.329も打っている。

 メジャーの2年間は度外視して、阪神入りした13年の数字を見ると122試合、打率.290。右.315に対し左は.280と落ちる。今季4試合の打率は.250。右ではホームランも打ち7打数3安打(.428)。一方の左は9打数1安打(.011)とサッパリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る