左打席でさっぱり…西岡が阪神打線の“ブレーキ”になる恐れ

公開日:  更新日:

 阪神は1点を追う九回2死一、二塁でマートンが二ゴロに倒れてゲームセット。開幕からの連勝は3でストップしたが、最終回はヤクルトファンをハラハラさせた。

 1番鳥谷が大引の悪送球で出塁。2番上本が犠打で送り、一発出れば逆転の場面。ここで打席に向かったのは、初回にヤクルト先発・成瀬から右打席で先制3ランを放っている西岡だ。しかし西岡は内角の変化球にタイミングが合わず遊ゴロ。左打席では、鋭い打球を飛ばす右打席とはまるで別人だった。

 ロッテ時代は3割を3度マークした巧打のスイッチヒッターは、10年には.346の高打率で首位打者に輝いた。この年は打数が2.5倍以上もある左で.329も打っている。

 メジャーの2年間は度外視して、阪神入りした13年の数字を見ると122試合、打率.290。右.315に対し左は.280と落ちる。今季4試合の打率は.250。右ではホームランも打ち7打数3安打(.428)。一方の左は9打数1安打(.011)とサッパリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る