“鬼門”の神宮で雪辱 中日・大野の成長を捕手とコーチが分析

公開日:  更新日:

「1-0の試合で最後まで投げられたのがうれしい」

 7日のヤクルト戦、大野雄大が7安打完封で今季初勝利を挙げ、喜びをかみしめた。

 鬼門の神宮だった。昨季は1勝2敗、防御率7.82。4月26日のヤクルト戦では初回に先頭から6者連続で出塁を許し6失点。1回でKOされて試合中に名古屋に強制送還された苦い経験もある。見事にリベンジを果たした左腕の力投をネット裏のスコアラーはこう見た。

「ストレートに力があったし、効果的だったのはフォークとツーシーム。特に今季は、ほとんど投げていなかったフォークを多投する。落ちるボールが増えたことで、ツーシームやスライダーでも空振りを取れるようになり、さらに手ごわくなった」

 フォークは、阪神のメッセンジャーを参考にし、昨秋キャンプから磨きをかけてきた。この日、最後の打者となった畠山に対して、バッテリー間ではこんなやりとりがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る