腐ってもウッズ マスターズ急きょ参戦でオーガスタに狂想曲

公開日:  更新日:

 落ちぶれても虎は虎だった。

 初日、41位タイで終えたタイガー・ウッズ(39)。昨年は腰の手術で欠場し、不振もあってしばらくツアーを離れていた。今季も初戦のフェニックスオープンで予選落ちし、ファーマーズ・インシュランスは途中棄権。マスターズの欠場も確実視されていた。

 それが3日に自身のツイッターで復帰を明かしたものだから、米国は「タイガーフィーバー」。ダフ屋が観戦チケットを3倍近くに値上げすれば、マスターズが行われるオーガスタのホテルも負けてはいない。集客を見込んで宿泊料金を値上げするあこぎな施設まで出てきた。

 さらにウッズが練習ラウンドで好プレーを見せるや、ブックメーカーも狂奔。当初、優勝41倍だった優勝倍率が31倍になり、最終的には26倍に落ち着きそうだという。

「虎は死して皮を留め、人は死して名を残す」ということわざがあるが、米国の生きた「虎」はオーガスタに多額のカネを残すことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る