今度は途中棄権…“腰ボロボロ”タイガー・ウッズ 引退秒読み

公開日: 更新日:

 引退が現実になりそうだ。米男子ゴルフのファーマーズ・インシュランス・オープン初日(6日、トーリーパインGC)でタイガー・ウッズは、2番を終えたところで棄権。そのままコースを後にした。

 10番スタートのタイガーは2バーディー、2ボギーのイーブンで迎えた2番ホールでダブルボギーを叩くと、その時点で棄権した。ウッズはラウンド中にもしばしば腰や背中に手をやるなど、体調がおかしかった。タイガーは昨年3月、痛めていた腰の手術を行い、しばらく大会を欠場。秋にはコーチを替え、腰に負担のかからないスイングに改造したはずだった。

 先週のフェニックスオープンで、約5カ月ぶりにツアー復帰を果たしたが、2日目82を叩き最下位で予選落ち。82はプロ入り後、ワーストスコアだった。今大会の舞台は過去8勝している得意コース。雪辱を期して臨んだ大会だったが、途中リタイアだ。

「スイング改造中のプロセス」と、タイガーは話したが、再び腰を痛めたとしたら復活は絶望的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る