今度は途中棄権…“腰ボロボロ”タイガー・ウッズ 引退秒読み

公開日:  更新日:

 引退が現実になりそうだ。米男子ゴルフのファーマーズ・インシュランス・オープン初日(6日、トーリーパインGC)でタイガー・ウッズは、2番を終えたところで棄権。そのままコースを後にした。

 10番スタートのタイガーは2バーディー、2ボギーのイーブンで迎えた2番ホールでダブルボギーを叩くと、その時点で棄権した。ウッズはラウンド中にもしばしば腰や背中に手をやるなど、体調がおかしかった。タイガーは昨年3月、痛めていた腰の手術を行い、しばらく大会を欠場。秋にはコーチを替え、腰に負担のかからないスイングに改造したはずだった。

 先週のフェニックスオープンで、約5カ月ぶりにツアー復帰を果たしたが、2日目82を叩き最下位で予選落ち。82はプロ入り後、ワーストスコアだった。今大会の舞台は過去8勝している得意コース。雪辱を期して臨んだ大会だったが、途中リタイアだ。

「スイング改造中のプロセス」と、タイガーは話したが、再び腰を痛めたとしたら復活は絶望的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る