最下位予選落ちのウッズ 無様なプレーで加速するファン離れ

公開日: 更新日:

【フェニックスオープン】 米アリゾナ州 TPCスコッツデール=7266ヤード・パー71

 石川遼(23)の2戦連続予選落ちは何の驚きでも、不思議でもないが、このオトコの場合は違う。

 昨年8月の全米プロゴルフ選手権以来、5カ月半ぶりに米ツアー出場したタイガー・ウッズ(39)だ。それも初日、2オーバー105位と出遅れると、2日目に自己ワーストの「82」を叩き、132選手中最下位であえなく予選落ちした。

「こんなことは以前にもあった。でも翌年には最優秀選手賞をとった。誰にでもこういう日がある」(ウッズ)と空とぼけてみせたが、全盛期とは全くの別人だった。

 新コーチのクリス・コモとスイング改造に取り組み、「昔のように飛んでいる」(ウッズ)と手応えをつかんだようだったが、良くなるどころか、下手クソになっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る