• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貧打の巨人がすがる「強肩強打のキューバ人捕手」2人の名前

「0点じゃなかなかいけませんね、何とかしないと……。もう少し(打線が)つながってこないといけませんね」
「ピッチャーは頑張っている。責めるわけにはいかない」

 巨人の原監督はもう嘆くしかなかった。9日の広島戦は、カープ先発の前田に7回を6安打に抑えられると、中崎、ヒースとつながれて1点も奪えず。3試合連続の2ケタ残塁でこの日は11の拙攻。0-1のスミイチ完封負けでは、指揮官も振り返りようがないだろう。巨人先発の菅野は初回の1失点で8回完投負け。打線の援護なく1勝2敗となった。

 10日のヤクルト戦も、先発・小川泰弘から2回に2点を奪ったものの、その後の巨人打線は4回から10回二死までノーヒットと湿りっ放し。7回に追いつかれると、11回表に抑えの沢村が畠山に決勝ソロを浴びた。

■金銭面が折り合えばすぐにでも来日可能

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る