貧打の巨人がすがる「強肩強打のキューバ人捕手」2人の名前

公開日:  更新日:

「0点じゃなかなかいけませんね、何とかしないと……。もう少し(打線が)つながってこないといけませんね」
「ピッチャーは頑張っている。責めるわけにはいかない」

 巨人の原監督はもう嘆くしかなかった。9日の広島戦は、カープ先発の前田に7回を6安打に抑えられると、中崎、ヒースとつながれて1点も奪えず。3試合連続の2ケタ残塁でこの日は11の拙攻。0-1のスミイチ完封負けでは、指揮官も振り返りようがないだろう。巨人先発の菅野は初回の1失点で8回完投負け。打線の援護なく1勝2敗となった。

 10日のヤクルト戦も、先発・小川泰弘から2回に2点を奪ったものの、その後の巨人打線は4回から10回二死までノーヒットと湿りっ放し。7回に追いつかれると、11回表に抑えの沢村が畠山に決勝ソロを浴びた。

■金銭面が折り合えばすぐにでも来日可能

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る