元中日チェンが仕上がり順調 今季はメジャー席巻の可能性も

公開日: 更新日:

 オリオールズのチェン(29=元中日)が2日(日本時間3日)のブレーブス戦に登板。オープン戦最後のマウンドは5回を5安打2失点、4奪三振だった。

 これでオープン戦は5試合(計18.1回)を投げて防御率2.95。今季はティルマンと並ぶエース格で、2年連続開幕投手を務める。チームの期待通り、オープン戦では順調な仕上がりを見せてきた。

 昨季は右打者に長打を許すケースが少なくなかっただけに、オフはチェンジアップのマイナーチェンジを図った。ボールの握りを強めることで精度が増したという。

 今オープン戦では右肘にメスを入れたレンジャーズ・ダル、左太もも裏を痛めたレッドソックス・上原らの日本人投手に加え、韓国人左腕の柳賢振が左肩痛で離脱。昨年、右肘靱帯を部分断裂したヤンキース・田中はシーズン中に再発するリスクがある。マリナーズ・岩隈は楽天時代に肩、肘を痛めており、過去3年間で離脱しなかったのが不思議なほど。アジア出身の選手で万全な状態なのはチェン以外ではレッドソックス・田沢くらいのものだ。

 チェンは田中や岩隈を尻目に順調に勝ち星を積み重ね、アジア勢としてメジャーを席巻する可能性がある。今季終了後はFAとなるだけに、オフには大型契約が期待できるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る