SB松坂が今度はリハビリ機関へ チーム内で“四面楚歌”寸前

公開日: 更新日:

 復帰への道すら見えてこない。右肩筋肉疲労で離脱しているソフトバンク松坂大輔(34)が、今度はリハビリの専門機関に通い始めたことが明らかになった。

「診察や検査ではない。2、3日で帰ってくるかもしれない。1週間以上ということはないだろう」とは新井チーフトレーナー。調整やリハビリのメニューを根本から見直さなければいけない状況のようなのだ。

 当初、3月31日のオリックス戦で9年ぶりに日本の公式戦マウンドに立つ予定だったものの、インフルエンザにかかって先発ローテは白紙に。5日間の隔離が解けたと思ったら、今度は右肩の疲労で投球練習再開すらメドが立たなくなった。周囲に“いつ、右肩が疲れるほど投げたの?”と皮肉られているが、これで年俸4億円。チーム内の視線も日に日に冷ややかになっている。

「なにしろ4年16億円の破格契約ですからね。選手の口から松坂のマの字も聞かれなくなりつつあります。それでも、現場や球団内で松坂批判が表面化しないのは、王球団会長がいるからです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る