SB松坂が今度はリハビリ機関へ チーム内で“四面楚歌”寸前

公開日: 更新日:

 復帰への道すら見えてこない。右肩筋肉疲労で離脱しているソフトバンク松坂大輔(34)が、今度はリハビリの専門機関に通い始めたことが明らかになった。

「診察や検査ではない。2、3日で帰ってくるかもしれない。1週間以上ということはないだろう」とは新井チーフトレーナー。調整やリハビリのメニューを根本から見直さなければいけない状況のようなのだ。

 当初、3月31日のオリックス戦で9年ぶりに日本の公式戦マウンドに立つ予定だったものの、インフルエンザにかかって先発ローテは白紙に。5日間の隔離が解けたと思ったら、今度は右肩の疲労で投球練習再開すらメドが立たなくなった。周囲に“いつ、右肩が疲れるほど投げたの?”と皮肉られているが、これで年俸4億円。チーム内の視線も日に日に冷ややかになっている。

「なにしろ4年16億円の破格契約ですからね。選手の口から松坂のマの字も聞かれなくなりつつあります。それでも、現場や球団内で松坂批判が表面化しないのは、王球団会長がいるからです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る