米国では日常茶飯事 「世紀の大トレード」日本からなぜ消えた

公開日: 更新日:

 これが日本ならばどれだけの騒動になるのか。

 現地時間5日、MLBのパドレスがブレーブスからキンブレル投手(26)とアップトン外野手(30)をトレードで獲得したと発表。見返りとして、内野手2人、マイナー選手2人に加え、今季のドラフト指名権を放出した。

 キンブレルは昨季47セーブを挙げたブレーブスの守護神。アップトンも昨季141試合に出場した俊足強肩の主力だ。2人の年俸は合計8035万ドル(約96億4200万円)。パドレスが全額負担するという。

 メジャーでは大型トレードは日常茶飯事。エースや主砲、守護神であっても「商談」の対象となる。

 ならば日本はどうか。近年、耳目を引いたトレードといえば、13年1月に日本ハムオリックスに仕掛けたものだろう。日ハムは糸井と八木(現中日)を放出し、オリックスから大引(現ヤクルト)と木佐貫、赤田を獲得した。糸井と大引は確かに主力選手とはいえ、「大型」とまで言えないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

もっと見る