米国では日常茶飯事 「世紀の大トレード」日本からなぜ消えた

公開日: 更新日:

 これが日本ならばどれだけの騒動になるのか。

 現地時間5日、MLBのパドレスがブレーブスからキンブレル投手(26)とアップトン外野手(30)をトレードで獲得したと発表。見返りとして、内野手2人、マイナー選手2人に加え、今季のドラフト指名権を放出した。

 キンブレルは昨季47セーブを挙げたブレーブスの守護神。アップトンも昨季141試合に出場した俊足強肩の主力だ。2人の年俸は合計8035万ドル(約96億4200万円)。パドレスが全額負担するという。

 メジャーでは大型トレードは日常茶飯事。エースや主砲、守護神であっても「商談」の対象となる。

 ならば日本はどうか。近年、耳目を引いたトレードといえば、13年1月に日本ハムオリックスに仕掛けたものだろう。日ハムは糸井と八木(現中日)を放出し、オリックスから大引(現ヤクルト)と木佐貫、赤田を獲得した。糸井と大引は確かに主力選手とはいえ、「大型」とまで言えないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

  10. 10

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る