米国では日常茶飯事 「世紀の大トレード」日本からなぜ消えた

公開日:  更新日:

 これが日本ならばどれだけの騒動になるのか。

 現地時間5日、MLBのパドレスがブレーブスからキンブレル投手(26)とアップトン外野手(30)をトレードで獲得したと発表。見返りとして、内野手2人、マイナー選手2人に加え、今季のドラフト指名権を放出した。

 キンブレルは昨季47セーブを挙げたブレーブスの守護神。アップトンも昨季141試合に出場した俊足強肩の主力だ。2人の年俸は合計8035万ドル(約96億4200万円)。パドレスが全額負担するという。

 メジャーでは大型トレードは日常茶飯事。エースや主砲、守護神であっても「商談」の対象となる。

 ならば日本はどうか。近年、耳目を引いたトレードといえば、13年1月に日本ハムがオリックスに仕掛けたものだろう。日ハムは糸井と八木(現中日)を放出し、オリックスから大引(現ヤクルト)と木佐貫、赤田を獲得した。糸井と大引は確かに主力選手とはいえ、「大型」とまで言えないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る