米国では日常茶飯事 「世紀の大トレード」日本からなぜ消えた

公開日:  更新日:

 これが日本ならばどれだけの騒動になるのか。

 現地時間5日、MLBのパドレスがブレーブスからキンブレル投手(26)とアップトン外野手(30)をトレードで獲得したと発表。見返りとして、内野手2人、マイナー選手2人に加え、今季のドラフト指名権を放出した。

 キンブレルは昨季47セーブを挙げたブレーブスの守護神。アップトンも昨季141試合に出場した俊足強肩の主力だ。2人の年俸は合計8035万ドル(約96億4200万円)。パドレスが全額負担するという。

 メジャーでは大型トレードは日常茶飯事。エースや主砲、守護神であっても「商談」の対象となる。

 ならば日本はどうか。近年、耳目を引いたトレードといえば、13年1月に日本ハムがオリックスに仕掛けたものだろう。日ハムは糸井と八木(現中日)を放出し、オリックスから大引(現ヤクルト)と木佐貫、赤田を獲得した。糸井と大引は確かに主力選手とはいえ、「大型」とまで言えないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る