• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチロー屈辱…バット折られ凡退、チームも4連敗で10敗目

 マーリンズ・イチローが屈辱を味わった。

 19日(日本時間20日)のメッツ戦は4点を追う七回に代打で出場。1点を返してなおも無死一、三塁の好機にカウント0―1から2番手左腕ブレビンスの変化球を捉えきれずに力のない一直に倒れた。かつては安打製造機として抜群のバットコントロールを誇ったベテランが珍しくバットを折られた。

 前日は九回に見逃し三振に倒れて2戦連続で結果を残せず、試合後は無言で球場を後にした。

 イチローだけの責任ではないにしろ、チームは投打の歯車がかみ合わず、今季ワーストの4連敗。ここまで13戦してわずか3勝。メジャー最速で10敗に到達し、ナ・リーグ東地区の最下位に低迷している。

 開幕前、レドモンド監督は「チームに勢いをつけてくれる存在だ」と期待を寄せたが、現状ではカンフル剤の役割も果たしていない。

 このままだとベテランの立場はますます厳しくなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る