イチロー屈辱…バット折られ凡退、チームも4連敗で10敗目

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチローが屈辱を味わった。

 19日(日本時間20日)のメッツ戦は4点を追う七回に代打で出場。1点を返してなおも無死一、三塁の好機にカウント0―1から2番手左腕ブレビンスの変化球を捉えきれずに力のない一直に倒れた。かつては安打製造機として抜群のバットコントロールを誇ったベテランが珍しくバットを折られた。

 前日は九回に見逃し三振に倒れて2戦連続で結果を残せず、試合後は無言で球場を後にした。

 イチローだけの責任ではないにしろ、チームは投打の歯車がかみ合わず、今季ワーストの4連敗。ここまで13戦してわずか3勝。メジャー最速で10敗に到達し、ナ・リーグ東地区の最下位に低迷している。

 開幕前、レドモンド監督は「チームに勢いをつけてくれる存在だ」と期待を寄せたが、現状ではカンフル剤の役割も果たしていない。

 このままだとベテランの立場はますます厳しくなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る