大会連覇でメディア大騒ぎも 欧州が錦織に“冷めた目”の理由

公開日: 更新日:

 日本時間27日に行われたバルセロナ・オープン決勝で、世界ランク5位で第1シードの錦織圭(25)が、同ランク66位でノーシードのP・アンドゥハール(29=スペイン)に2-0のストレート勝ち。同大会2連覇を達成した。

 日本人選手には馴染みの薄い赤土(クレーコート)で連覇した錦織は「昨年に続いてここに戻ってこられてうれしい。第2の故郷と思えるバルセロナで勝ててうれしい。スポンサー、スタッフに感謝したい。また来年も戻ってきます」と言って会場を沸かした。

「ケイは第1セット、勝って当然という格下相手に硬さが見られた。優勝候補のフェレールを倒して乗っているアンドゥハールの攻撃的なプレーに苦戦しながらも、焦らず我慢してポイントを重ねていったのが勝因です」(在英テニスジャーナリスト)

 錦織の大会連覇や日本選手単独最多のツアー通算9勝目に、国内のスポーツマスコミは例のごとく大騒ぎ。「クレーコートで行われる全仏オープン(5月24日開幕)に弾みがつく」というが、欧州のテニス関係者の見方は至って冷静だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る