大会連覇でメディア大騒ぎも 欧州が錦織に“冷めた目”の理由

公開日:  更新日:

 日本時間27日に行われたバルセロナ・オープン決勝で、世界ランク5位で第1シードの錦織圭(25)が、同ランク66位でノーシードのP・アンドゥハール(29=スペイン)に2-0のストレート勝ち。同大会2連覇を達成した。

 日本人選手には馴染みの薄い赤土(クレーコート)で連覇した錦織は「昨年に続いてここに戻ってこられてうれしい。第2の故郷と思えるバルセロナで勝ててうれしい。スポンサー、スタッフに感謝したい。また来年も戻ってきます」と言って会場を沸かした。

「ケイは第1セット、勝って当然という格下相手に硬さが見られた。優勝候補のフェレールを倒して乗っているアンドゥハールの攻撃的なプレーに苦戦しながらも、焦らず我慢してポイントを重ねていったのが勝因です」(在英テニスジャーナリスト)

 錦織の大会連覇や日本選手単独最多のツアー通算9勝目に、国内のスポーツマスコミは例のごとく大騒ぎ。「クレーコートで行われる全仏オープン(5月24日開幕)に弾みがつく」というが、欧州のテニス関係者の見方は至って冷静だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る