テニス全仏オープンが賞金増額 錦織圭にもビッグチャンス

公開日: 更新日:

 錦織圭(25・世界ランク4位)にとっては、モチベーションになりそうだ。

 5月24日に開幕する全仏オープンの賞金増額が14日に発表された。フランス・テニス連盟によれば、今年の全仏の賞金総額を昨年より300万ユーロ(約3億8000万円)増額し、約2800万ユーロ(約35億6000万円)にするという。優勝賞金も前年の165万ユーロから180万ユーロ(約2億3000万円)にアップする。

 同大会のサーフェスはクレー。チャレンジシステムはなく、センターコートにも照明がないため、ゴルフトーナメントのように日没サスペンデッドもあるのが特徴だ。球足も遅いためビッグサーバーのアドバンテージが減り、ストローク戦を得意とする選手が活躍する。つまり錦織にも優勝のチャンスが十分あるのだ。

 とはいっても、全仏といえばナダル(28・同5位)の独壇場だ。昨年は史上初の大会5連覇を成し遂げると同時に、大会最多の9勝目を挙げた。今回の賞金増額は、主に男女シングルスの4回戦までに敗退した選手の賞金を増やすことも目的のひとつといわれているが、この一報を真っ先に喜んだのはナダルだろう。

 ちなみ12日に幕を閉じたゴルフの祭典・マスターズは、21歳のジョーダン・スピースが大会最少スコアタイの18アンダーで優勝。180万ドル(約2億1600万円)の賞金を手にした。最終日66の猛攻で11アンダーの5位まで順位を上げた松山は40万ドル(約4800万円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  5. 5

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  6. 6

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  7. 7

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る