バルセロナ大会連覇誓う錦織 クレーコートに潜む“落とし穴”

公開日:  更新日:

「今年も、この大きな大会で優勝を目指したい」――。

 男子テニスの錦織圭(25)が20日開幕のバルセロナ・オープン(スペイン)での連覇を誓った。

 10日は住宅設備メーカーとのパートナーシップ契約発表会に出席。練習拠点の米フロリダ州から衛星会見した錦織は来週から始まる「クレーコート(赤土)シーズン」に向けて練習を開始したことを明かし「去年、いいテニスができたし、いい感触を掴んでいる」と自信を見せた。

 昨季、この大会では第4シードから頂点に立ち、8月の全米オープンでの快進撃につなげた。今季もクレーシーズンで結果を残して終盤戦につなげるとしているが、ハードコートとは対照的にクレーコートは球足が伸びず、効果的なショットを出すには一球ごとに確実に力を込めて打たなければならない。長期戦も増えるため、体力の消耗が激しく、番狂わせが起きやすい。だから、クレーコートを得意とする世界ランク下位の選手が、上位勢を負かすのは珍しくないのだ。昨年のバルセロナ・オープンでは第2シードのD・フェレール(スペイン)が初戦で格下相手に敗れるなど、波乱が起きた。

 クレーコートを「得意」と公言する錦織といえど、気の抜けない戦いが続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る