バルセロナ大会連覇誓う錦織 クレーコートに潜む“落とし穴”

公開日: 更新日:

「今年も、この大きな大会で優勝を目指したい」――。

 男子テニス錦織圭(25)が20日開幕のバルセロナ・オープン(スペイン)での連覇を誓った。

 10日は住宅設備メーカーとのパートナーシップ契約発表会に出席。練習拠点の米フロリダ州から衛星会見した錦織は来週から始まる「クレーコート(赤土)シーズン」に向けて練習を開始したことを明かし「去年、いいテニスができたし、いい感触を掴んでいる」と自信を見せた。

 昨季、この大会では第4シードから頂点に立ち、8月の全米オープンでの快進撃につなげた。今季もクレーシーズンで結果を残して終盤戦につなげるとしているが、ハードコートとは対照的にクレーコートは球足が伸びず、効果的なショットを出すには一球ごとに確実に力を込めて打たなければならない。長期戦も増えるため、体力の消耗が激しく、番狂わせが起きやすい。だから、クレーコートを得意とする世界ランク下位の選手が、上位勢を負かすのは珍しくないのだ。昨年のバルセロナ・オープンでは第2シードのD・フェレール(スペイン)が初戦で格下相手に敗れるなど、波乱が起きた。

 クレーコートを「得意」と公言する錦織といえど、気の抜けない戦いが続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

もっと見る