• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パ単独首位8号も 日ハム中田の「本塁打王」阻む“チーム事情”

 浮かれてばかりもいられない。29日のソフトバンク戦で初回に8号3ランを打ったのが日本ハムの中田(26)。試合は5-10で敗れたものの、8本塁打はリーグ単独トップ。2位の西武・中村(31)を2本差と引き離した。

 これまで中田の自己最多は13年の28本塁打。25試合で8本はシーズン40本を超えるペースだけに、今季こそ念願の本塁打王が期待されている。

 しかし、球界では「それでも最後にタイトルを取るのはおかわりくんだよ」ともっぱらだ。

 中村は渡辺前監督(現SD)時代から、「全試合ホームラン狙い」のお墨付きが与えられている。一発が魅力のパワーヒッターにチーム打撃は不要。いくら三振しても、ホームランを量産してくれればいい、というのが西武首脳陣の考えだ。中村も「ヒットはホームランの打ち損ない」という考えだけに、この配慮を大歓迎。リーグ2位の27三振は助っ人並みでも、文句を言うコーチはいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る