松坂は調整順調…やがて工藤監督を悩ます「ローテ外し」問題

公開日:  更新日:

 6日のロッテ戦で連勝が3で止まったソフトバンク。二軍ではあの男がピッチを上げてきた。

 右肩の筋肉疲労で二軍調整中の松坂大輔(34)は、前日に引き続き捕手を立たせたままブルペンで46球を投げた。直球以外にスライダーやチェンジアップなどの変化球も放り、次回の投球練習では捕手を座らせることもほのめかした。今のところ実戦復帰は未定だが、二軍でのテスト登板などを経て、一軍のマウンドに上がるのは時間の問題だろう。

 松坂が一軍登録されれば、おそらく即座に先発ローテ入りとなる。5日には昨年5月に右膝を手術した寺原も1年ぶりに復帰。先発で5回1失点とまずまずの投球を見せた。6人の先発枠が埋まった今、松坂の代わりに二軍行きを命じられるのは誰なのか。武田、大隣、スタンリッジ、摂津、中田は外せないから、やっぱり寺原になるのか。

 全盛期の面影もない松坂がゲームをつくれなかった時、どこまで我慢して先発起用するのか。

 工藤監督が頭を痛める時がもうすぐやってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る