松坂は調整順調…やがて工藤監督を悩ます「ローテ外し」問題

公開日:  更新日:

 6日のロッテ戦で連勝が3で止まったソフトバンク。二軍ではあの男がピッチを上げてきた。

 右肩の筋肉疲労で二軍調整中の松坂大輔(34)は、前日に引き続き捕手を立たせたままブルペンで46球を投げた。直球以外にスライダーやチェンジアップなどの変化球も放り、次回の投球練習では捕手を座らせることもほのめかした。今のところ実戦復帰は未定だが、二軍でのテスト登板などを経て、一軍のマウンドに上がるのは時間の問題だろう。

 松坂が一軍登録されれば、おそらく即座に先発ローテ入りとなる。5日には昨年5月に右膝を手術した寺原も1年ぶりに復帰。先発で5回1失点とまずまずの投球を見せた。6人の先発枠が埋まった今、松坂の代わりに二軍行きを命じられるのは誰なのか。武田、大隣、スタンリッジ、摂津、中田は外せないから、やっぱり寺原になるのか。

 全盛期の面影もない松坂がゲームをつくれなかった時、どこまで我慢して先発起用するのか。

 工藤監督が頭を痛める時がもうすぐやってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る