長期離脱のツケ…福岡の街から松坂の“存在”が消されている

公開日:  更新日:

「『いなかったことにしてくれ』というわけではないと思いますが、最近の急激な露出減は尋常じゃありませんよ」

 九州在住の放送関係者がこう指摘するのが、右肩疲労で戦線離脱中のソフトバンク・松坂大輔(34)のことである。4月中旬から地元・福岡をはじめ球団ホームページなどから松坂の「存在」が消されつつあるというのだ。

 例えば、球団の公式ホームページ。2月1日のキャンプイン直後は、チケット販売サイトを含め、アチコチにメジャー帰りの元怪物右腕の写真が掲載され、「球団の顔」となっていた。それが今では、サイト上の選手名鑑コーナー以外に松坂の写真は皆無。「ファンクラブ」や「2・3軍情報」というファーム、リハビリ組の詳細を扱うメニューにも一切姿がない。

 地元の街中でも状況は同じ。福岡市内では4月上旬まで松坂の等身大パネルや写真がアチコチで見られたが、それらはいつの間にか撤去。代わりに内川、松田ら別の主力のものにすり替えられているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る