長期離脱のツケ…福岡の街から松坂の“存在”が消されている

公開日:  更新日:

「『いなかったことにしてくれ』というわけではないと思いますが、最近の急激な露出減は尋常じゃありませんよ」

 九州在住の放送関係者がこう指摘するのが、右肩疲労で戦線離脱中のソフトバンク・松坂大輔(34)のことである。4月中旬から地元・福岡をはじめ球団ホームページなどから松坂の「存在」が消されつつあるというのだ。

 例えば、球団の公式ホームページ。2月1日のキャンプイン直後は、チケット販売サイトを含め、アチコチにメジャー帰りの元怪物右腕の写真が掲載され、「球団の顔」となっていた。それが今では、サイト上の選手名鑑コーナー以外に松坂の写真は皆無。「ファンクラブ」や「2・3軍情報」というファーム、リハビリ組の詳細を扱うメニューにも一切姿がない。

 地元の街中でも状況は同じ。福岡市内では4月上旬まで松坂の等身大パネルや写真がアチコチで見られたが、それらはいつの間にか撤去。代わりに内川、松田ら別の主力のものにすり替えられているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る