長期離脱のツケ…福岡の街から松坂の“存在”が消されている

公開日: 更新日:

「『いなかったことにしてくれ』というわけではないと思いますが、最近の急激な露出減は尋常じゃありませんよ」

 九州在住の放送関係者がこう指摘するのが、右肩疲労で戦線離脱中のソフトバンク松坂大輔(34)のことである。4月中旬から地元・福岡をはじめ球団ホームページなどから松坂の「存在」が消されつつあるというのだ。

 例えば、球団の公式ホームページ。2月1日のキャンプイン直後は、チケット販売サイトを含め、アチコチにメジャー帰りの元怪物右腕の写真が掲載され、「球団の顔」となっていた。それが今では、サイト上の選手名鑑コーナー以外に松坂の写真は皆無。「ファンクラブ」や「2・3軍情報」というファーム、リハビリ組の詳細を扱うメニューにも一切姿がない。

 地元の街中でも状況は同じ。福岡市内では4月上旬まで松坂の等身大パネルや写真がアチコチで見られたが、それらはいつの間にか撤去。代わりに内川、松田ら別の主力のものにすり替えられているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る