ナイン視線冷たく…オリ中島は20日ぶり復帰も“針のむしろ”

公開日:  更新日:

 右太もも裏肉離れで戦線離脱中のオリックス・中島裕之(32)が約20日ぶりに復帰する。

 先月19日の西武戦での走塁中に違和感を覚えて途中交代。ファームでのリハビリを経て、6日の二軍戦で実戦復帰したこともあって、きょう8日から始まる日本ハムとの3連戦から一軍に合流するという。

 現在、オリックスは4連敗中で借金「11」。チームの主力野手は7日に左太もも裏を痛め登録抹消された小谷野を筆頭にブランコ、ヘルマンが故障で二軍調整中。野手不足という事情もあって復帰時期を前倒ししたようだが、これに冷ややかな視線を浴びせているのがオリックスナインだ。

 中島は今季、3年総額12億円で入団。主砲として期待されながら一軍成績は20試合で打率.216、本塁打2本、6打点と振るわない。そればかりか、一塁手としての守備範囲も狭く、記録に残らないエラーを連発。投手陣は不満タラタラだった。ただでさえ「打てない、守れない」中島が病み上がりではこれまで以上に打撃、守備は期待薄。チーム内からは「フロントが大金を払って取ってきたから使わざるを得ないとはいえ、自分の立場をわかっているのか」という厳しい声が噴出している。

 二軍調整中も肉離れを理由に、軽めのメニューばかりで、「必死に練習に取り組む若手二軍選手からも冷たい視線を向けられていた」(チーム関係者)という。この状況では一軍復帰しても「針のむしろ」だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る