• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武・森が外野練習…“捕手の可能性”を潰す炭谷への固執

 若手有望株に突貫工事を強いるぐらいなら別のことを考えるべきじゃないか。

 外野守備の練習を命じられている西武・森友哉(19)のことだ。

 森は今季、捕手としてのリードに不安があると、指名打者での出場が続いている。が、26日から始まる交流戦の敵地戦では、指名打者が使えない。そのため西武は先週から交流戦での外野起用に向けて、森に準備をしておくよう指示。19日にはロッテ戦前に行われる二軍戦(西武第2球場=対日本ハム戦)に「9番・右翼」で出場させた。

 この森の守備がヒドかった。

 五回で試合を退くまでに3度の守備機会をミスなくこなしたものの、飛球の追い方や捕り方は恐る恐る。本人が試合後に思わず、「怖かった」と漏らしたほどだ。

 それでも球団はかたくなに炭谷銀仁朗(27)を捕手として起用し続けるつもりだが、守備以外に取りえがないベテランと、守備さえ一人前なら向こう10年は「4番捕手」を張れる若手有望株とどっちが大切か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る