• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武・森が外野練習…“捕手の可能性”を潰す炭谷への固執

 若手有望株に突貫工事を強いるぐらいなら別のことを考えるべきじゃないか。

 外野守備の練習を命じられている西武・森友哉(19)のことだ。

 森は今季、捕手としてのリードに不安があると、指名打者での出場が続いている。が、26日から始まる交流戦の敵地戦では、指名打者が使えない。そのため西武は先週から交流戦での外野起用に向けて、森に準備をしておくよう指示。19日にはロッテ戦前に行われる二軍戦(西武第2球場=対日本ハム戦)に「9番・右翼」で出場させた。

 この森の守備がヒドかった。

 五回で試合を退くまでに3度の守備機会をミスなくこなしたものの、飛球の追い方や捕り方は恐る恐る。本人が試合後に思わず、「怖かった」と漏らしたほどだ。

 それでも球団はかたくなに炭谷銀仁朗(27)を捕手として起用し続けるつもりだが、守備以外に取りえがないベテランと、守備さえ一人前なら向こう10年は「4番捕手」を張れる若手有望株とどっちが大切か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る