西武・森が外野練習…“捕手の可能性”を潰す炭谷への固執

公開日:  更新日:

 若手有望株に突貫工事を強いるぐらいなら別のことを考えるべきじゃないか。

 外野守備の練習を命じられている西武・森友哉(19)のことだ。

 森は今季、捕手としてのリードに不安があると、指名打者での出場が続いている。が、26日から始まる交流戦の敵地戦では、指名打者が使えない。そのため西武は先週から交流戦での外野起用に向けて、森に準備をしておくよう指示。19日にはロッテ戦前に行われる二軍戦(西武第2球場=対日本ハム戦)に「9番・右翼」で出場させた。

 この森の守備がヒドかった。

 五回で試合を退くまでに3度の守備機会をミスなくこなしたものの、飛球の追い方や捕り方は恐る恐る。本人が試合後に思わず、「怖かった」と漏らしたほどだ。

 それでも球団はかたくなに炭谷銀仁朗(27)を捕手として起用し続けるつもりだが、守備以外に取りえがないベテランと、守備さえ一人前なら向こう10年は「4番捕手」を張れる若手有望株とどっちが大切か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る