• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベイ快進撃の陰に川村投手コーチ 権藤氏が「知性ある」と評価

 用兵の裏側を詮索したくなる試合があった。

 5月15日の広島戦だ。DeNAの6-5で迎えた九回裏。中畑監督は、絶対的な信頼を置かれるようになったルーキー守護神の山崎康ではなく、中継ぎ左腕の田中に抑えのマウンドを託した。開幕から24試合に投げている山崎康は、この時点で7試合連続登板。登板過多、蓄積疲労が心配され始めた中で、DeNAベンチはストッパー温存を決断したわけである。

 私なら山崎康を使っただろう。セーブがつく場面の1イニング限定という起用法さえ守れば、連投にはさほど気を使わなくていい。3点差以内で勝ち続けることは不可能なのだから、長いシーズンではそのうちイヤでもマウンドに立てない展開が続くことも出てくる。だったら、使えるうちに使う、と私は考える。

 とはいえ、DeNAにとってその日は、4連勝と日本一になった98年以来となる2ケタ貯金がかかった試合。どうしたって前のめりになるところで、ベンチが我慢した。これはこれで、かなりの勇気がいることである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る