• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベイ快進撃の陰に川村投手コーチ 権藤氏が「知性ある」と評価

 用兵の裏側を詮索したくなる試合があった。

 5月15日の広島戦だ。DeNAの6-5で迎えた九回裏。中畑監督は、絶対的な信頼を置かれるようになったルーキー守護神の山崎康ではなく、中継ぎ左腕の田中に抑えのマウンドを託した。開幕から24試合に投げている山崎康は、この時点で7試合連続登板。登板過多、蓄積疲労が心配され始めた中で、DeNAベンチはストッパー温存を決断したわけである。

 私なら山崎康を使っただろう。セーブがつく場面の1イニング限定という起用法さえ守れば、連投にはさほど気を使わなくていい。3点差以内で勝ち続けることは不可能なのだから、長いシーズンではそのうちイヤでもマウンドに立てない展開が続くことも出てくる。だったら、使えるうちに使う、と私は考える。

 とはいえ、DeNAにとってその日は、4連勝と日本一になった98年以来となる2ケタ貯金がかかった試合。どうしたって前のめりになるところで、ベンチが我慢した。これはこれで、かなりの勇気がいることである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る