ベイ快進撃の陰に川村投手コーチ 権藤氏が「知性ある」と評価

公開日: 更新日:

 その決断を誰がしたのか。最終的に中畑監督が決めたのは当然として、その過程で投手コーチ川村丈夫の進言なり要望があったのではないか。

■尊重する中畑監督にも度量がある

 そう推察するのは、彼が球界きってのインテリジェンスの持ち主だからである。神奈川県内有数の進学校である県立厚木高から、一般受験で立教大に進学。日本石油を経てドラフト1位で横浜に入団してきた97年、私はバッテリーチーフコーチだった。しなやかなフォームから繰り出す、きれいな回転の伸びのあるストレートに一目惚れしたのはもちろん、1年目から横浜投手陣の中心になれると思ったのはやはり、クレバーさが際立っていたからだ。

 私の監督初年度には、入団2年目の川村を開幕投手に抜擢した。実績なら三浦大輔、経験なら野村弘樹(現評論家)もいた。前年は3人揃って10勝。みなに開幕投手の資格はあったが、川村抜擢の理由を当時の担当記者に聞かれて、私は「アイツにはインテリジェンスがある」と即答したものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る