ミス続出の西武 「去年までのDeNAみたい」と巨人ナイン皮肉

公開日:  更新日:

 巨人がボロ勝ちスタートだ。26日の西武戦で坂本、阿部、長野に一発が飛び出すなど打線が13安打11得点と爆発。投げては菅野が八回まで二塁を踏ませない好投で1失点完投。リーグトップタイの6勝目(4敗)を挙げた。通算900勝目となった原監督は「(交流戦)いいスタート。打つべき人がしっかり打って、打球も久々にプロ中のプロみたいな打球が多く出た。いいゲームだと思う」と話した。

 巨人は08年の日本シリーズで西武に敗れたものの、交流戦の通算成績は29勝15敗1分け。ほぼダブルスコアだから、立派な“カモ”である。巨人のあるナインがこう話していたことがある。

「日本シリーズで戦った頃の西武はスキがない野球をやるなという印象があった。でも最近は違いますね。若いチームでブンブン振ってくる。みんなイケイケだから勢いづかせると怖いんだけど、いかんせんミスが多い。セでいうとチームカラーはDeNAに近い気がします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る