ミス続出の西武 「去年までのDeNAみたい」と巨人ナイン皮肉

公開日:  更新日:

 巨人がボロ勝ちスタートだ。26日の西武戦で坂本、阿部、長野に一発が飛び出すなど打線が13安打11得点と爆発。投げては菅野が八回まで二塁を踏ませない好投で1失点完投。リーグトップタイの6勝目(4敗)を挙げた。通算900勝目となった原監督は「(交流戦)いいスタート。打つべき人がしっかり打って、打球も久々にプロ中のプロみたいな打球が多く出た。いいゲームだと思う」と話した。

 巨人は08年の日本シリーズで西武に敗れたものの、交流戦の通算成績は29勝15敗1分け。ほぼダブルスコアだから、立派な“カモ”である。巨人のあるナインがこう話していたことがある。

「日本シリーズで戦った頃の西武はスキがない野球をやるなという印象があった。でも最近は違いますね。若いチームでブンブン振ってくる。みんなイケイケだから勢いづかせると怖いんだけど、いかんせんミスが多い。セでいうとチームカラーはDeNAに近い気がします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る