<最終回>自分たちの暮らしは自分たちで

公開日:  更新日:

「母さん、いつまで働くの?」

 大谷があるとき、母親の加代子(51)にこう言った。

 加代子は大谷が小学校に入ると同時に、水沢市内の飲食店でパートを始めた。週に4~6日、午前中に入って4時間働くときもあれば、8時間の日もある。自宅で家事もこなしたうえで、週末ばかりか平日もグラウンドに足を運び、陰ながら大谷を支えた。

 父親の徹(52)は車のボディーメーカーに勤務。車体を造るラインに携わっている。勤務は昼夜2交代制。いまは昼中心だが、頼まれれば夜も出る。週末は大谷の通った水沢リトルと一関シニアで監督、コーチを務めた。夜勤明けは一睡もせず、グラウンドに出掛けた。

 大谷はそうやって両親が汗をかいたおかげもあって、契約金1億円のプロ野球選手に。年俸はプロ3年目で1億円の大台に乗った。本人にはこれまで両親に苦労をかけてきたという自覚があるからこそ、恩返しがしたい、母親の分くらいは自分が稼ぐという意思表示をしたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る