日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第39回>修学旅行の小遣いも残ったら「お釣りね」と返した

 水沢南中学3年の修学旅行のときのことだ。行く先は東京の浅草や浦安のディズニーランド。持っていく小遣いは1万2000~1万3000円と決まっていた。

 大谷はその金額を持って行ったものの、全部は使わなかった。

 自宅に戻ってくると家族へのお土産とともに、

「はい、これ、お釣りね」

 と言って、残ったおカネをすべてカウンターのうえに置いた。

「いいの、しょう(翔平)?」

 母親の加代子(51)がこう聞くと、大谷はこともなげに答えた。

「いいよ。だって、残ったんだもん」

 中学時代、毎月の小遣いはほとんどなかった。必要なものや欲しいものがあれば、その都度、買っていた。しかし、平日の週2日と週末は一関シニアに出掛けて、友達と遊びに行く時間もなかったし、マンガ本を買うようなこともなかった。お年玉をもらえば、「預けておくから取っておいて」と加代子に託し、グラブを買うときの足しにしてもらったりした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事