日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3球で火消し 広島・中崎がやっと「守護神」サマになってきた

 マウンド上で「ヨッシャー」と雄たけびを上げたのが広島の守護神・中崎翔太(22)。31日のオリックス戦。2-1とリードした八回1死一、二塁のピンチでマウンドに上がると、わずか3球で安達を三ゴロ併殺に仕留める見事な火消しぶりを見せた。

 数日前までの中崎といえば、「投げては打たれる」の繰り返しで、防御率は守護神にもかかわらず4点台。24日のヤクルト戦からは3試合連続失点で、チーム内から「抑え失格」の烙印を押されつつあった。

 それがようやく2試合連続無失点。ガッツポーズも出るか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事