中島は昼食中にギックリ腰…オリの中軸はポンコツだらけ

公開日:  更新日:

 12安打10点とDeNAとの交流戦初戦に快勝したオリックス。しかし、その裏で関係者一同の失笑を買ったのが中島(32)だ。昼食中にぎっくり腰をやってしまい、試合を欠場。球場入りすらできず、そのまま宿舎で安静にしていた。

 ぎっくり腰だけなら、野球選手でも珍しくはない。それがよりによって昼食中ときては、情けないというか何というか。中島は4月中にも、走っただけで右太もも裏の肉離れでチームを離脱している。体のケアを怠っていたと思われても仕方あるまい。

 オリックスは17日の日本ハム戦でも、ボールを見送ったブランコ(34)が股関節を痛めて登録抹消。一度もバットを振らず、ハーフスイングを止めただけでケガをしてしまった。ブランコは4月1日の試合で左ヒザを痛め、二軍落ち。それから復帰してわずか8試合目だった。

 今季からチームに加わったこの2人、年俸はそれぞれ中島が3年総額12億円、ブランコが2年総額5億円。しかし、打線の中核として期待されながら成績は2人合わせても4本塁打、13打点だ。とても総額17億円の価値はない。

 コーチ入れ替えを頻繁に行っているオリックスだが、更迭されるべきはこんなポンコツに札束を積んだフロントじゃないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る