不可解な控訴断念 水泳・冨田の“優柔不断”に支援者も呆れた

公開日:  更新日:

「結局、やったんだろ」

 ネット上にはそんな“声”があふれている。

 昨年9月の仁川アジア大会で韓国メディアのカメラを盗んだとして、韓国・仁川地裁から有罪判決を受けた競泳男子元日本代表の冨田尚弥(26)が昨4日、「これ以上闘っても意味がない」と控訴しない意向を示した。裁判で一貫して無罪を主張。この日も改めて「納得できないことはたくさんある」と言いながら、「有罪のままで終わろうと思います」と自ら潔白を証明する機会を放棄するというのだから、確かに不可解ではある。

 代理人の國田武二郎弁護士も出演したテレビでこう言っていた。

「(有罪判決が出た先月28日以降)この1週間、可能性があるなら最後まで闘おう、1%でも可能性に賭けようと話し合ってきたが、本人が勝たなきゃ意味がないということで……。きょうの会見のぎりぎりまで意思を確認しましたが、こういう結果になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る