世界水泳逃し引退示唆の北島康介が次に狙うは「実業家で金」

公開日:  更新日:

「選手としてできることをやりたいから、きつい思いをしてきたけど、桜が散った」――。

 五輪2大会連続2冠の北島康介(32)が潔く負けを認めた。

 8日の競泳日本選手権。男子100メートル平泳ぎ決勝で1分0秒18の平凡なタイムで3位と惨敗。派遣標準記録Ⅱ(1分0秒04)すら切れず、今年7月開幕の世界選手権(ロシア・カザン)の代表入りを逃した。

 かつての世界記録保持者も今年の9月で33歳。力の衰えは隠せず、今大会を前に米国で高地合宿を行い、59秒台を狙ったがかなわなかった。来年にはリオ五輪が控えるが、今後について北島は「選手であり続けるべきかもうちょっと考えていきたい」と引退を示唆した。

■今年3月に米国企業日本法人の代表取締役に

 ここ数年は度重なる故障にも悩まされており、トップスイマーとして体力的には限界に近づいている。「来年、桜を咲かせたい気持ちはある」と話す北島が次に目指すのは実業家への本格的な転身だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る