世界水泳逃し引退示唆の北島康介が次に狙うは「実業家で金」

公開日: 更新日:

「選手としてできることをやりたいから、きつい思いをしてきたけど、桜が散った」――。

 五輪2大会連続2冠の北島康介(32)が潔く負けを認めた。

 8日の競泳日本選手権。男子100メートル平泳ぎ決勝で1分0秒18の平凡なタイムで3位と惨敗。派遣標準記録Ⅱ(1分0秒04)すら切れず、今年7月開幕の世界選手権(ロシア・カザン)の代表入りを逃した。

 かつての世界記録保持者も今年の9月で33歳。力の衰えは隠せず、今大会を前に米国で高地合宿を行い、59秒台を狙ったがかなわなかった。来年にはリオ五輪が控えるが、今後について北島は「選手であり続けるべきかもうちょっと考えていきたい」と引退を示唆した。

■今年3月に米国企業日本法人の代表取締役に

 ここ数年は度重なる故障にも悩まされており、トップスイマーとして体力的には限界に近づいている。「来年、桜を咲かせたい気持ちはある」と話す北島が次に目指すのは実業家への本格的な転身だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る