美人プロとおだてられ…トラブル続き藤田光里が深める孤立

公開日: 更新日:

【ヨネックスレディス】(新潟・ヨネックスCC=6352ヤード・パー72)

「今日は久々の試合だったので、無理しないでラウンドして、良いショットを毎回打てればいいかなと思った。ボギーもあったけど、スコアにつながったのはよかったと思います」

 3週間ぶりに試合に出てきた藤田光里(20)が初日1アンダー、17位タイにつけた。

 藤田は2戦前の中京ブリヂストンでのプロアマ戦で帯同キャディーと口論になって、協会から厳重注意を受けた。そして本戦は体調不良を理由に欠場。翌週のリゾートトラストも左手首痛で欠場したが、その期間中に2日間も今週の試合会場で練習したのが発覚、また協会から大目玉を食らった。それでもいけしゃあしゃあとしたものだ。

 口では謝罪したものの、「ラウンドしたわけではない」「悪気があったわけではない」と言い訳に終始。問題となったキャディーとの口論も「後ろで静かにしていた」と否定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  5. 5

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  6. 6

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  7. 7

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  8. 8

    すわ“お花見解散”か 二階幹事長が「近いうちに選挙」発言

  9. 9

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  10. 10

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る