美人プロとおだてられ…トラブル続き藤田光里が深める孤立

公開日: 更新日:

【ヨネックスレディス】(新潟・ヨネックスCC=6352ヤード・パー72)

「今日は久々の試合だったので、無理しないでラウンドして、良いショットを毎回打てればいいかなと思った。ボギーもあったけど、スコアにつながったのはよかったと思います」

 3週間ぶりに試合に出てきた藤田光里(20)が初日1アンダー、17位タイにつけた。

 藤田は2戦前の中京ブリヂストンでのプロアマ戦で帯同キャディーと口論になって、協会から厳重注意を受けた。そして本戦は体調不良を理由に欠場。翌週のリゾートトラストも左手首痛で欠場したが、その期間中に2日間も今週の試合会場で練習したのが発覚、また協会から大目玉を食らった。それでもいけしゃあしゃあとしたものだ。

 口では謝罪したものの、「ラウンドしたわけではない」「悪気があったわけではない」と言い訳に終始。問題となったキャディーとの口論も「後ろで静かにしていた」と否定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  7. 7

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る