スポーツ紙にも見放され始めた男子メジャー大会の絶体絶命

公開日: 更新日:

【日本ゴルフツアー選手権】(茨城・宍戸ヒルズCC=7326ヤード・パー71)

 今季の国内メジャー2戦目は日本ゴルフツアー機構が主催する、ツアープロのナンバーワンを決める大会だ。しかし初日に続き、単独トップは7アンダーの梁津萬(36=中国)で、上位4選手はすべて外国人。日本人プロは、池田勇太(29)がどうにか3アンダーで5位に食い込むのがやっとだった。

 日本人プロの不振に合わせるように、今季は視聴率も低迷。初戦の東建ホームメイトカップ最終日は3.6%(昨年5.3%)、2戦目の中日クラウンズは2.6%(同5.8%)、3戦目の日本プロゴルフ選手権は3.5%(同5.9%)。ようやく手嶋多一が勝った先週のミズノオープンで5.4%(同3.6%)と、はじめて昨年を上回った(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。片岡大育が優勝した4戦目の関西オープンは、ローカル放送のため調査なし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る