日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スポーツ紙にも見放され始めた男子メジャー大会の絶体絶命

【日本ゴルフツアー選手権】(茨城・宍戸ヒルズCC=7326ヤード・パー71)

 今季の国内メジャー2戦目は日本ゴルフツアー機構が主催する、ツアープロのナンバーワンを決める大会だ。しかし初日に続き、単独トップは7アンダーの梁津萬(36=中国)で、上位4選手はすべて外国人。日本人プロは、池田勇太(29)がどうにか3アンダーで5位に食い込むのがやっとだった。

 日本人プロの不振に合わせるように、今季は視聴率も低迷。初戦の東建ホームメイトカップ最終日は3.6%(昨年5.3%)、2戦目の中日クラウンズは2.6%(同5.8%)、3戦目の日本プロゴルフ選手権は3.5%(同5.9%)。ようやく手嶋多一が勝った先週のミズノオープンで5.4%(同3.6%)と、はじめて昨年を上回った(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。片岡大育が優勝した4戦目の関西オープンは、ローカル放送のため調査なし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事