• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

美貌に目が釘付けだが…ジェシカ・コルダの「実力」と「血統」

【ワールドレディス・サロンパス杯】(茨城GC東C=6 550ヤード・パー72)

 今大会の注目選手は米ツアーから一時帰国の宮里藍(29)と、先ごろ初優勝を遂げた美人プロの藤田光里(20)だった。

 しかし、その2人がそろって予選落ち。大会関係者は週末の観客動員数にどう影響するか気をもんでいるが、招待選手のジェシカ・コルダ(22)が絶好調だ。

 なにしろ180センチの長身から打ち出されるボールのインパクト音と弾道の高さは男子プロ並み。日本女子プロの球が弱々しく見えてくる。

 イーブンパー35位発進の2日目は、8番からの3連続を含む6バーディー(1ボギー)を決めて通算5アンダーで4位まで浮上。首位と3打差まで詰めて、十分に優勝を狙える圏内につけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る